2007年02月15日

チョコをたべるとゾンビになる話

 バレンタインデーにまつわる件名の電子メールには要注意だ。さもないと、ネットに心を傷つけられることになる。

 米国時間2月14日にロマンチックな電子メールのふりをしたセキュリティの脅威が少なくとも2件見つかったとし、研究者が注意を呼びかけている。1件は、グリーティングカード会社American Greetingsから送信された電子カードのふりをしており、件名に「Happy Valentine's Day!」と書かれている。受信者がその「カード」を見ようと本文中のリンクをクリックすると、トロイの木馬が裏でコンピュータをスパムボット(ゾンビ)に変えてしまうと、Secure Computingの研究者Dmitri Alperovitch氏は語っている。

 このウイルスは、すぐにこの日の要注意ウイルスのトップ5にランクインし、検知された感染電子メール数は数百万通に達したと、Alperovitch氏は語っている。だが、これが長期間にわたって脅威となることはない見通しだという。(後略)


http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20343105,00.htm?ref=rss

今日は15日ですから、いまあなたのパソコンがゾンビになっていなければもう大丈夫でしょう。
でももしゾンビになっていたら……いただきもののチョコを食べるのは後回しにして、すぐにシステムのリストアをはじめてくださいな。

 この攻撃に利用されるメールの件名は、「Be My Valentine(恋人になって)」、「Happy Valentine's Day(バレンタインデーおめでとう)」、あるいは「Valentine Love Song(恋人に送るラブソング)」などさまざまだ。

どれも一目でスパムと判別できますね。えっ?できない?

あなたは既にゾンビかも……




posted by media_aidem at 18:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。