2007年03月02日

えーっと・・・だから何?

 AppleのテレビCMを見た人なら誰でも、「PC」(パソコン君)が垢抜けないサラリーマン風の人物だということを知っている。しかし、そんな「パソコン君」が、実はビデオゲームの中で多大な時間を費やして、外国のテロリストを追いかけていたりする。

 AppleのCMでは、「Mac」の「クールな要素」が強調されているため、ゲーム愛好者なら一般的な消費者に比べて、PCではなくMacを選択する率が高いと思う人もいるだろう(米国におけるAppleの市場シェアは全体で4.7%だ)。しかし、アナリストの意見は違う。本格的なゲーム愛好者には--かなりの差をつけて--「Windows」ベースのパソコンが好まれており、そうした人が友人に影響を与えて、パソコン購入の際の選択を左右するケースが多いという。(後略)


http://japan.cnet.com/special/story/0,2000056049,20344375,00.htm?ref=rss

異色なニュース、というか書いてあることはかなりとんちんかんに映る気がします。
わたくしは「”パソコン"は何かをつくり出すための箱」という考えが強く、例えばウェブサイトをつくったり、フォトレタッチのため、あるいはブログ記事を書くためにパソコンを使っています。

マックをゲーム機のひとつと捉えて意見を述べている、この記事を執筆した方とは真逆の位置にいるので

そんなんでホントにシェアが増えるのかい?


と軽くツッコミを入れつつ読んでみました。なんだか自分のまわりにいるごく一部の人の意見のみを採用して記事書いてるのかなぁ。
自分は「MacOS」なんてこじゃれた名前じゃなく「漢字Talk」と呼んでいる時代からのマカですが、これをゲーム機にねぇ……。だいたいゲームやりたきゃゲーム機そのものを購入するような気がしますが。

そんなあんたの意見が不透明です(-_-;)


posted by media_aidem at 08:11 | Comment(4) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
若干話が逸れますが。
PCゲーム市場が決して小さくない事に目をつけてのApple側の攻勢強化だと思われますが、それがシェアに影響を与えるか、と言われるとかなり無理があるとしか言えないと思います。ずっとMacを使い続けてきて、プレイできるゲームタイトルの増加したと喜ぶ人はいるかもしれませんが。

せっかくMacにはMacなりのオリジナリティがあるのですからそこをもっと伸ばし、アピールしていった方がいいと思います。
ただ、私のような人間は別として、[一般ユーザ]という市場で大部分を占める層をどう取り込むのが非常に難しい問題であるように思います。
Posted by Tommy6 at 2007年03月07日 12:26
Tommy6さん、こちらにもコメントありがとうございます。

一般ユーザを取り込むにはやっぱり販売戦略でしょうか?
どこへ行っても当たり前にMacが陳列してある状況をつくれば、もっとシェアは高まるように思います。
実際にパソコンは何買えばいい?といった質問をいろんな人にされるのですが、Macを話題にすると音楽やる人とかグラフィックのプロとか、いわゆる専門的なパソコンと捉えているひとが多いんです。

ですからショップに並べて触ってもらう機会を増やすのがいちばんだと思うのですが・・・。
Posted by 管理人 at 2007年03月07日 15:46
Macに対するイメージもそうですが、やはりほとんどの方々にとってパソコンは仕事やエンターテイメントの為の道具に過ぎない以上、最も触れる機会の多いWinを選んでしまうんではないかと思います。私たちのように好きで使っているならともかく、興味も無いのにUIを幾つも覚えたりするのは億劫以外の何物でもありませんし、多くのソフトウェアやサービスがWinにフォーカスしているのも事実ですし。

ですから現況私がパソコンの購入について聞かれたとき、目的意識がある程度あってこれからどんどん知識を吸収していこうと考えているような方にはMacも十分選択肢として薦めますが、仕事上などで「必要だから」と言う方にはどうしてもWin機を薦めざるを得ません。後々UIの違いなどで当惑するのは薦められた側ですから。
Posted by Tommy6 at 2007年03月07日 17:03
おはようございます。Tommy6さん。自分自身が最初のパソコン(マックでした)を選んだときは、マックとウィンドウズが並んでいたんです。それで30分以上ウンウンうなって結局はマックにした経緯があります。(くわしくはこちら-->http://macmaniacs.seesaa.net/article/26252339.html) ”昔のマック”が好きなのでOSXはあまり触れていないのですが、Nextそのままのインターフェースにはちょっと感動した記憶があります。インターフェースについては、それぞれのプラットフォームで同様の作業をする場合でも、Windows側は工程数が多くてMac側からの入口から入ったひとがWindowsを使うのは煩わしい印象が強いです。例えば、ある閉ざされたサービスから抜けるときにログアウトボタンをクリックしたとします。直後に「ログアウトしますか?」というアラート・・・(^^) だからするっていってんじゃん!!となるわけですね。ちょっと話がそれましたが、パソコンは何買えば・・・?という質問には後ろ髪を引かれつつWindowsを勧めています。それはやっぱりTommy6さんも言われるようにソフトやサービスが充実しているから。現在もたまにお宅におじゃまして”妙齢の女性”2人にレクチャーしてるんですけど、使用環境を整える作業はどうも苦手なようです。以前Macを勧めた女性は自分でどんどんカスタマイズしていたのですけど・・・。 Web2.0の一般化で状況は変わりつつありますね。Googleのサービスなんて顕著だし、フォトレタッチの雄PhotoShopが無料提供開始なんてニュースもありますから、今後はOSの価値はだんだん薄れていくのかもしれません。パソコンショップをたまに覗くとOSなしのBTOモデルを見掛けることがあります。KNOPPIXのCD-Rとブロードバンドの環境さえあれば他には何もいらないなんて時代がくるかも・・・楽しみです。(^^)
Posted by at 2007年03月08日 07:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。