2007年03月12日

Thunderbird 2号 発進!

 有限責任中間法人のMozilla Japanは3月9日、オープンソースの次期メールクライアントソフト「Mozilla Thunderbird 2」の正式版を3月末にもリリースすることを明らかにした。現在はベータ2版が公開されており、3月12日の週の後半には製品候補(Release Candidate)版を公開する予定としている(ダウンロードはhttp://getthunderbird.jp/から)。

 今回のThuderbird 2では(1)タグによるメッセージの整理、(2)フォルダビューの選択、(3)メッセージの表示履歴、(4)ウェブメールサービスの簡単セットアップ、(5)オフライン状態への自動切替、(6)拡張機能とテーマのためのアドオンマネージャ――が新機能として追加されている。 (後略)


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20344963,00.htm?ref=rss

Vine Linux 3.2から4.xにアップデートしてからはSylpheedを使っていましたがスパムフィルタが緩いのかうまく作動せず、Thuderbird 2の登場を心待ちにしておりました。愛用しているGMailとの連携もとれるようで、さらに正式版のリリースが楽しみです。

ウェブメールも悪くはないですが、未読のメールが100件前後になると一覧のリストを一度に表示できなかったり、GMailに関しては並べ替えができないなど使い勝手が自分に馴染まず、なんとかならないものかと考えていたこともあり、とても歓迎できるニュースとなりました。

リリースまであと半月、1.5の表記がいつ2.0になるのか・・・毎日確認していこうと思います。


posted by media_aidem at 11:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。