2007年03月24日

Symantecの報告は意外な結果に

Microsoft (NASDAQ:MSFT) は、セキュリティホールや脆弱性のある製品を送り出しているとの批判を浴びることが多い。しかし、セキュリティ製品ベンダー Symantec (NASDAQ:SYMC) が19日に発表したセキュリティ調査報告書では、むしろ逆の結果が明らかになった。一般的に利用されている OS に関して、Microsoft は他社よりも全体に良い成績を出している。(後略)


http://japan.internet.com/busnews/20070322/10.html

順位は1位がWindows、2位はRed Hat Linux、3位にMac OS Xという結果だったそうです。
ウィルスやスパイウェアのたぐいがWindowsをターゲットとしていることやユーザのシェアなど騒がれる機会が圧倒的に多い結果でしょうか?個人的には意外な結果にちょっとびっくりしています。

ただ「バグが多すぎちゃって修正作業に慣れてしまっているのでは?」なんてうがった見方もしてみたくなっちゃう結果ですね。


posted by media_aidem at 10:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。