2007年04月09日

Linuxのシェア

 中国のリサーチ会社である易観国際(Analysys International)が行った中国の2006年第4四半期のデスクトップOS市場ついての調査によると、市場の約1割をLinux系OSが占めることが明らかになった。

 Windows XP/2000などのWindows系OSのシェアが89.07%。10.76%は「紅旗(Redflag)Linux」(3.82%)、「Red Hat Linux」(2.31%)、「Turbo Linux(1.04%)」などLinux系OSが大半を占めた。Mac OSについての詳細は明らかにされていないが、「その他(0.17%)」に含まれるものとみられる。

 中国国内のデスクトップOS市場総額は1億7300万元(約26億4000万円)。


http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070323/266112/?ST=oss

数年前、アメリカのサイトに攻撃をして1000あまりのサイトに侵入して見せたなんてことがありましたが、そのあたりのスキルもLinuxのシェアに反映しているのかもしれません。

実際にLinuxに触れてみてはじめて知ったことは多くて、テキストベースのウェブブラウザ”Lynx”や独特のシステム管理方法には当初かなり戸惑いました。

それでもPerlやCのコンパイラは最初から整っているし、設定やインストールは大変でしたが、MplayerでWindowsMediaは再生できるし、Flashコンテンツも閲覧が可能です。たぶんわたくしが知らないことでも、”できること”はたくさんあるのだと思っています。

ネットや書籍で自分なりのカスタマイズができるLinux。
使っているとだんだん愛着が湧いてきます。古い手持ちのパソコンがあるなら、あなたもLinuxのインストールCDを焼いてみませんか?

中国は10%・・・国内ではどのくらいのシェアがあるんでしょうかねぇ。


タグ:Lynx
posted by media_aidem at 08:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。