2007年04月10日

また一歩前進! グーグル、AFPと提携

 通信社のAgence France-Presse(AFP、本社:パリ)がGoogle(本社:カリフォルニア州マウンテンビュー)とライセンス契約を交わした。これにより、「Google News」へのAFP記事掲載を巡る両社の論争が終結した。

 米国時間4月6日に発表されたこの契約により、Googleは、ニュース記事や写真を含むAFPのコンテンツを自社のGoogle Newsアグリゲーターを含む各種サービスに掲載可能になる。いずれも、それ以上の詳細や金銭面の諸条件については明らかにしていない。

 AFPは2005年3月、ヘッドライン、写真、要約記事がGoogleのニュースサイトに無断で掲載されていると主張し、1750万万ドルの損害賠償支払いを求めて著作権侵害でGoogleを提訴した。だが、AFPは6日の契約締結を受けて訴訟を取り下げた。 (後略)


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20346651,00.htm?ref=rss

「大通りに店を出す」のがインターネットで成功するための大前提なのですから、AFPのくだした判断にはうなずけます。ゴネつづけて問題を大きくしてしまうよりずっといい結果になるでしょうね。

この記事、注目すべき点は

「AFPのオンライン配信ニュースが革新的な新しい方法によって劇的向上を果たす」

「新たなコラボレーションにより、Google Newsを中心にGoogleの各種サービスでAFPの独自の報道活動や速報が確実かつ容易に見つけ出せるようになる」

というGoogle広報の言葉。具体的な部分はまだ見えてきませんが、どんなサプライズが用意されているのでしょう?注目しつつ待つこととしましょう。


posted by media_aidem at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。