2014年01月22日

Windows 9 リリースは来年4月?

使い慣れた会計ソフト以外は”脱Windows”に成功し、半年に1度のLinuxディストリビューションのアップデートを楽しみにしている筆者。それでもMicrosoftの動向はちょっと気になったりしております。
スマフォ・タブレットPCを意識して作り、それをなぜかデスクトップ環境にも採用しちゃったWindows8。
やっぱり失敗だったんですね。こんなに早く次期OSをリリースするなんてねぇ・・・。

Linuxはオープンソースなので半年に一度新しくなってもユーザのお財布には負担をかけませんが、失敗作でもなんでも直接響いてくるWindows・・・どうしたもんでしょう。出る出ると言われても、たいがいは遅れる傾向にありますし、個人的には影響もありませんので静かに見守ろうと考えております。

次期Windows OSとなる「Windows 9(仮称)」は2015年4月リリースか

コードネーム「スレッショルド(Threshold)」と呼ばれ、正式リリース時には「Windows 9」と呼ばれることになるとみられるMicrosoftの新Windows OSは、2015年4月にリリースされる予定であることが判明しました。

"Threshold" to be Called Windows 9, Ship in April 2015 | Windows 8 content from Paul Thurrott's SuperSite for Windows
http://winsupersite.com/windows-8/threshold-be-called-windows-9-ship-april-2015

このリリース予定に関しては、2014年4月2日(金)からサンフランシスコで開催されるMicrosoft Build Developer Conferenceで発表されるとみられています。Windows 8で採用されたMetro UI(現在では「Modern UI」)が引き続き使われることになりますが、従来のデスクトップ上でもMetroスタイルのアプリを動作させることが可能になるとみられています。

また、「Build」では現行バージョンのWindows 8.1の「アップデート1」と、まもなく開発が完了するとみられるWindows Phoneの最新バージョンである「Windows Phone 8.1」のリリースも発表されることになる見通しです。

現状での情報をまとめると以下のようになります。

・Windows 9
新しいOSは、Windows 8系とは別物であることを強調するために「Windows 9」と呼ばれる見通し。ただし、発表時点ではプレビュー版などの公表はない模様。

・Metro 2.0
詳細はほとんど明らかにはなっていないものの、「デスクトップのウィンドウの一つとして動作するMetro」がリリースされると予想されています。

・リリース時期
Windows 9の正式リリースまでに「ベータ版」などの3つの段階を経る予定。2015年4月のリリースに向けて進行中。

いずれも予測の範囲を越えない情報となっており、4月の「Build」での発表が待たれるところです。
posted by media_aidem at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/385811513
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。