2007年04月13日

セキュリティ関連ジャーナル「Sage」 日本語版も用意して

 Microsoftの「Windows Vista」はWindowsのセキュリティを向上させた。しかし、McAfeeが年2回刊行するセキュリティ問題を取り上げたジャーナル「Sage」で、McAfee Avert LabsのセキュリティリサーチおよびコミュニケーションマネージャーであるDavid Marcus氏は「Microsoftが下したいくつかの決定のために、ユーザーは今も脆弱な環境に置かれている」と述べている。

 McAfee Avert LabsによるSage(PDFファイル)の第2号が、米国時間4月11日に発行された。このジャーナルは2006年7月に創刊されたもので、McAfee Threat Centerからアクセスできる。

 Dan Sommer氏は編集記で「セキュリティ関係者とマルウェア作者の絶え間ない戦いは軍拡競争だ」と述べている。Sommer氏はMcAfee Avert Labsでプロダクションマネージャーを務めている。(後略)


http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20346978,00.htm?ref=rss

Sageを見てみました。といっても40ページにも渡る英語のpdfですから内容はほぼ、ちんぷんかんぷんではありますが。

元記事を読む限り、エンドユーザにとっても有益な情報がかなりありそうです。日本語版の登場を切に願っています。


タグ:sage McAfee
posted by media_aidem at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。