2007年04月15日

マイクロソフトへ依存することの恐さ

 2008年から、Windows XPを搭載した新しいPCを買うことができなくなる。

 Microsoftの関係者は米国時間4月12日、同社が、Dell、Lenovo、Hewlett-PackardなどのPCメーカーに対する Windows XPの販売を2008年1月31日で終了することを認めた。また、オリジナルのPCを製造するシステムビルダーへの販売も、その1年後に終了すると、同関係者は述べている。

 Microsoftの関係者はCNET News.comに宛てた電子メールで「これはMicrosoftがここしばらく用いてきたプロセスだ。前のバージョンを、どこででも手に入れられる状態から、ディストリビュータだけから入手できる状態、そして最後にはダウングレード権を通じてのみ入手可能な状態へと移行することで、ユーザーを前のOSから次のバージョンへと徐々に移すのである」と述べている。

 Windows XPの後継であるWindows Vistaは、1月末より小売店で発売された。Microsoftは、Vistaが以前のWindowsより安全で、操作性、接続性、エンターテインメント性に優れていることを熱心に喧伝してきたが、Vistaに対応したアプリケーションやハードウェアドライバが現状は不足しており、普及のための大きなハードルとなっている。

 こうした状況があるにも関わらず、多くの消費者はすでに、PCを購入する際の選択肢がVistaのみという状況に置かれている。PCメーカーはすでにオンラインでも小売でも、消費者に販売する製品のほとんどすべてにVistaを搭載しており、企業向け製品の一部でもこの傾向が見られるようになっている。


http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20347068,00.htm?ref=rss

デルのパソコン通販を紹介しているサイトを眺めてみると、Vistaではなく依然XP搭載モデルを販売していることに気がつきました。Vista搭載モデルをメインに販売している機種では並べてXP搭載モデルもあぴーるしていたりして、Vistaが一般向けに販売されてから2ヶ月半を経過した現在でも、まだ混在している様子がわかります。

このような推移を断ち切るのはやっぱりマイクロソフトのようです。それが今回取り上げたニュースのアナウンス。ショップや通販でXPは入手できなくなる日は、すぐそこまできているのかもしれません。個人的にパソコンの環境設定や初期のレクチャーを依頼されることが多く、自分では所有していないにも関わらずかなり頻繁に触れていただけに、なんとなくXPが消えていくのはさみしいような気がします。

それと並行して、マイクロソフトの意向が絶大な影響力を持っていることにも少なからず恐怖を感じます。Win98とMeのサポートが終了したとき、さまざまな企業がその動きに追随して一気に締め出されました。買い替えを余儀なくされた方も少なくないのではないでしょうか。(わたくしはWinMeが走っていたマシンにLinuxを載せ替えて使っています)

来年1月に販売を停止してその後サポートも終了・・・マイクロソフトの都合で左右されて、その都度買い替えるパソコンはやっぱりウィンドウズ?それではスパイラルから抜け出ることはできませんよ。

脱Windows、そろそろ真剣に考えてみてはいかがでしょう。


posted by media_aidem at 10:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。