2007年04月16日

グーグル、ダブルクリック買収に思うこと

 Googleとオンライン広告企業DoubleClickは米国時間4月13日、GoogleがDoubleClickを現金31億ドルで買収することに合意したと発表した。

 買収によりGoogleは、広告主やウェブパブリッシャー向けの大規模な広告販売/配信ネットワークを手に入れ、Yahooに遅れをとっていたバナー広告ビジネスを強化することが可能になる。

 Googleの最高経営責任者(CEO)Eric Schmidt氏はレポーターやアナリスト向けの電話会議で「本買収の最大のメリットは、ディスプレイ広告ビジネスを加速できることだ」と述べた。同氏は、「Googleがセールス&サポートオフィスの開設を進めているアルゼンチン」から、電話会議に出席した。

 買収は2007年内に完了する予定。Schmidt氏は、メディアエージェンシーや広告主が、単一のコンソールから、検索広告やディスプレイ広告のキャンペーンを一元管理することができるようになると述べた。「システム全体がより迅速に動くようになる。ユーザーにターゲット広告のメリットをより多く提供できる」と同氏は述べる。

 Googleは、2005年に11億ドルでDoubleClickを買収したプライベートエクイティ投資会社Hellman & FriedmanとJMI Equity and ManagementからDoubleClickを取得する。Googleのコーポレートマネジメントを担当するDavid Drummond氏は、規制当局の承認プロセスを経る必要があると述べ、規制当局からの承認を得られることに自信を示した。

 Wall Street Journalはここのところ、DoubleClickの買収をめぐり、GoogleとMicrosoft、Yahoo、AOLの攻防が続いていると報道していた。Microsoftの広報担当からコメントは得られなかった。


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20347125,00.htm?ref=rss

アフィリエイトにも多少携わっていて、感覚として”バナー広告の進化型”がテキスト広告であったり、コンテンツにマッチした広告配信技術(アドワーズ)なのだと考えていました。そのため、グーグルのダブルクリック買収にはちょっと驚いています。

元記事の最後のブロックに書かれているように争奪戦が繰り広げられたようですが、この買収が今後Googleのビジネスにとってプラスとなると判断しての行動なのか、それとも競合他社の手に落ちることを脅威と感じて、つまりマイナスを防ぐための買収なのかは今のところ判断ができません。アドワーズのようにページのキーワードを判断してバナーを送信するなんてことになったら凄いですけどね。


posted by media_aidem at 08:25 | Comment(0) | TrackBack(1) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ダブルクリック(DoubleClick)をグーグル(Google)が買収
Excerpt: 「ダブルクリック(DoubleClick)をグーグル(Google)が買収」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみ...
Weblog: ブログで情報収集!Blog-Headline
Tracked: 2007-04-16 10:47
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。