2007年04月20日

テレビ向け動画配信?・・・静止画は送らないだろう、普通。

 USENは近く、インターネットを使ったテレビ向けの有料動画配信事業に参入する。無料ブロードバンド放送「Gyao」の開始2周年となる4月25日を目標に、Gyao利用者などに向けて予約受け付けを開始し、6月からサービスを開始する見込み。

 Apple TVなどテレビで動画を視聴するサービスが注目されていることに対応するとともに、動画配信事業における収益モデルを拡大する狙い。

 テレビ向け有料動画配信サービス「ギャオネクスト」は、インターネットを利用して、テレビでカラオケの映像や音楽、映画コンテンツなど視聴することができるもの。料金は、月額3000円台後半を予定している。

 Gyaoの視聴登録会員数は、2007年3月時点で約1400万人。また、有線音楽放送の契約数は120万人となる。


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20347431,00.htm?ref=rss

まずは、GyaOについて要約するとGyaO(ギャオ)は、株式会社USENが2005年4月から始めたパソコンで見ることが出来る動画配信サービス。コマーシャル収入により無料で視聴できる。2006年6月17日に目標としていた視聴登録者延べ1000万人を突破した。
Wikipediaより


インターネットだと無料配信なのにテレビ向けは有料なのですね。
インターネットを利用して、テレビでカラオケの映像や音楽、映画コンテンツなど視聴することができる

このサービスが魅力的かというと、どうなんでしょうな。
視聴料の3000円前後が高いとか安いといった話ではなくて、有料か無料かという点で、ひいてしまう人が多いのでは?

USENの会員でもないので大きなことはいえません、今は行く末を見守りましょう。



タグ:USEN Gyao
posted by media_aidem at 08:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。