2007年04月25日

はたして普及するか?「ハナハナ」

 コミュニティサービス事業などを展開する超は4月23日、携帯電話向けの無料コミュニティサイト「hanahana(ハナハナ)」(http://hana2.us)を開設し、同サイトで利用可能な仮想通貨サービス「chao(チャオ)」を開始した。

 chaoは、hanahana会員同士の交流により流通し、気持ちを表す手段として機能する仮想通貨。10chao=1円で、5000chaoからクレジットカードで購入でき、他の会員からレストラン情報など有益な情報を提供された場合などに、「ありがとう」などのメッセージを添えて、感謝の気持ちに応じた額のchaoを情報の提供者に贈ることができる。また、夢に向かっている人に応援chaoを贈る、人が頑張っていることに対して協賛chaoを贈るといった使い方も可能となっている。

 それぞれの会員にはchao通帳が用意されており、他の会員から贈られたchaoを貯めることができる。通帳は公開制で、誰でも自由に閲覧することができ、chaoの受取履歴により、自分の行動や特性を表出することができる。

 貯まったchaoは、他の会員へ贈ることができるほか、hanahanaと提携する飲食店や美容院などの実際の店舗で、電子マネーとして商品やサービスに交換することも可能。提携店舗は、会員への販売額の85%でchaoを現金と換金することができる。

 超では、今夏よりPCでのサービス対応も予定しているほか、米国、欧州、中国、韓国など多国間での展開も計画中。2008年末までに会員数1400万人を見込んでいる。


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20347727,00.htm?ref=rss

SNSなんて呼び方さえまだなかったころに、完全会員制のページで似たような仮想通貨の概念を持ち込んだサービスを展開していたところがありました。ここなんですけどね。

検索エンジンでヒットするページに書かれていることは、概ね間違ってはいませんから詳細はそちらを確認していただくとして、元記事のサービスは無料の会員制サービスだったり、かなりオープンなのでうさん臭さは漂ってきませんな。

換金率からみても、「chaoを貯めて運用しよう」なんて考えも起こらなそうだし、提携する店舗の換金率はかなり低くて、実際のところ普及するのかと疑問に感じます。結局短い期間で見切りをつけてこのサービスもやめちゃったくらいですから、発言に信憑性がないかもしれませんけれど。



タグ:hanahana Chao
posted by media_aidem at 04:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。