2007年04月25日

DNP子会社提供のSEM 検索に適したウェブサイト

 大日本印刷(DNP)は4月24日、全額出資子会社であるDNPデジタルコムが、検索に適したウェブサイトを提案する新サービスを開始すると発表した。顧客企業のウェブサイトに、GoogleのASPを使ったサイト内検索機能を導入。各ページのタイトルについて分りやすい表示方法を提案するなど、ユーザーが目的の情報を見つけやすいように最適化する。

 DNPデジタルコムの新サービスでは、顧客企業のウェブサイトに、検索キーワード入力ボックスを設置し、IPアドレスなどの初期設定や、検索結果表示のカスタマイズを実施する。

 要望に応じて、特定の商品群や掲示板の内容に範囲を限定した部分検索機能なども提供。複数のサーバの横断検索にも対応し、大企業などでグループ各社のサイトに一括して検索機能を導入する。

 またGoogleの「もしかして機能」を使って、導入企業独自の略語や用語などを事前登録し、検索キーワードとして利用することも可能。検索キーワードのランキングや日次、時間ごとのログを常時集計、分析し、それらをもとにユーザーの求めるコンテンツを提案する。

 このほか検索キーワードと連動し、企業がユーザーに優先して告知したい情報を検索結果の最上部に目立つ形で表示する「キーマッチ機能」の導入を支援する。

 サイト内検索機能の提供料金は5万ページ向けで月額9万9000円から。ウェブサイトの編集やコンサルティングは個別見積りとする。DNPデジタルコムでは通販会社などの需要を見込み、今後3年間で10億円の売上げを目指す。


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20347735,00.htm?ref=rss

情報を求めてウェブサイトを閲覧にいくユーザの立場からすると、かなり親切に感じます。ランディングページが必ずしもトップページではないケースは増えていますが、それでも目的の情報がどこなのかわからないサイトは多いですからね。

またGoogleの「もしかして機能」を使って、導入企業独自の略語や用語などを事前登録し、検索キーワードとして利用することも可能。検索キーワードのランキングや日次、時間ごとのログを常時集計、分析し、それらをもとにユーザーの求めるコンテンツを提案する。

検索エンジンマーケティング(SEM)は、今後こんなふうに導入・運用されれば強力なツールになりそうです。



タグ:DNP SEM
posted by media_aidem at 10:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。