2007年04月26日

マイクロソフト発 人間工学に基づいたマウス&キーボードセット・・・ちょっと欲しい

 マイクロソフトは、5月11日よりキーボードとマウスがセットになった「Microsoft Wireless Laser Desktop 4000」を発売すると発表した。価格は9420円(税込)。

 エルゴノミクス(人間工学)に基づき、打ちやすさや疲れにくさを追求して設計された製品で、滑らかなカーブ形状にデザインされたもの。形そのものは前モデルとなる「Wireless Optical Desktop Comfort Edition」と大きく変わらない。

 今回新たにWindows VistaとWindows Liveメッセンジャーに連動したホットキーが追加されている。マウスに手を動かさなくても、キーボード上に搭載されたスタートボタンやガジェットボタン、Windows Live Callボタンを押せばそれらの機能が起動できる。

 マウスはレーザー方式で、5ボタンを搭載。解像度は1,000dpiだ。スクロールボタンをクリックすると、開いているファイルやアプリケーションの一覧できる「インスタント ビューア」、ワンクリックで画面の好きな場所を拡大表示できる「拡大鏡」が追加されている。


http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20347894,00.htm?ref=rss

元記事で掲載している写真を見ると、微妙に波打っていたりしてちょっとカッコよさげです。
実際のところMacとWindowsとLinuxが走るデスクトップ機とノートパソコン計7台を、それぞれのマシンの特徴によって換えながら使っている自分の環境では、はっきり言って不要のような気がします。だいたいタッチタイピングができるので、キーボード自体見ないし・・・。3台あるMacはまだクラシック環境なのでワンボタンマウス、5つもボタンがあってもねぇ。

すでに発売されて10年以上経過したPowerBook1400なんてマシンもあります。個人的には、Macでは以前キー上の”ポッチ”が「F」と「J」にあったのに、途中から「D」と「K」に変わったことが「いま、どのMacを使っているか」考えるためタイムラグが発生するので
ちょっと恨めしいです。

とはいいつつ、再度? Microsoft Wireless Laser Desktop 4000の写真を見ていたら、やっぱりちょっと惹かれます(^^;)キーの感触だけでも体験してみたいです。


posted by media_aidem at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。