2007年05月03日

Google VS Viacom 第1幕の勝者は?

 カリフォルニア州マウンテンビュー発--Googleは米国時間4月30日、Viacomから提起された総額10億ドルの著作権侵害訴訟に対する答弁書を地方裁判所に提出した。その中で同社は、著作権侵害を否定するとともに、同訴訟は人気動画共有サイトYouTubeやほかの同様のサイトの存続可能性を脅かすものだと主張している。

 Googleの法律顧問を務めるMichael Kwun氏は、Google本社で行われた記者説明会で、「YouTubeは、エンターテインメント、教育、言論の自由のための世界有数のプラットフォームを提供しているとわれわれは考えている」とし、さらに「この訴訟によって、われわれの気持ちが揺らぐことはない」と付け加えた。(後略)


http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20348143,00.htm

Viacomがどんな会社なのかを調べてみると、”対立の構図”が見えてきます。
サービスのひとつとしてこんなウェブサイトも運営しているようです。

まだベータバージョンですし、ググってみつけたんですけどね。


「世界中の情報を体系化することを使命とする会社が、YouTubeの実態を把握できないと主張しても、到底信用できない」

なんてコメントを出してても、その信用できない検索サイトがなければ、著作権で守られた大切なコンテンツも誰の目にも触れることさえないのに、大きく出たもんです。

時代の流れにそぐわなくなってきていると言われる著作権。バイアコムの頼みの綱も、なんだか細くなりつつあるように見えます。


posted by media_aidem at 06:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。