2007年05月09日

ロイターに買収を打診したのはトムソン(カナダ)だった!

 Reutersに買収を打診したのはThomsonだった。Thomsonが現地時間5月7日、プレスリリースで認めた。Thomsonは、これがReutersへの正式な買収提案につながるかどうかは分からないとしている。

 Reutersは現地時間5月4日、サードパーティーから買収の予備的な打診を受けたことを明らかにした。この件をめぐってはThomsonか、メディア王のRupert Murdoch氏率いるNews Corp.が動いているとの憶測が広がったが、Reutersは同社に買収を打診した企業名を明らかにすることを避けていた。買収打診が報じられた4日には、Reutersの株価は前日比25.09%上昇し、615.75ペンスで取り引きを終えた。

 Reutersは中立性と一貫性を守り、特定の個人や利害関係者の支配により生じる偏向を排除する目的で、株式構造に特殊な仕組みを組み込んでいる。同社の規定では、Retuers発行の株式を15%以上保有してはならないことになっているほか、公開株とは別に、特定の議決権を持つ発起人株というものが存在する。この発起人株を所有するReuters Founders Share Company Limitedは、特定の人物または関係者がReutersを支配下に入れた場合、または支配下に入れる画策をしていると判断した場合は、発起人株に付随する特別議決権を行使することができる。

 今回、買収打診を認めたThomsonはカナダを本拠とする情報サービス企業。法務、税務、会計、金融サービスをはじめ、学術研究やヘルスケア分野への幅広い情報サービスを提供している。


http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20348344,00.htm?ref=rss

当初発表されたロイターのプレスリリースで「適切と判断された場合、より詳細な情報を発表する」とありました。
業務としての比重は低くなったにしても、買収されることを容認しているようなニュアンスにとらえてしまっていたことが、ちょっとだけ恥ずかしいです。

ロイター側は買収に対しての防衛策ははりめぐらされているようですが、片や買収に乗り出したトムソン側はどうなんでしょう?自衛できない企業が他社を買収に乗り出したとしても、そう簡単に成功しないでしょうからな。

とにかく買収する側が判明しました。今後も続報をお送りする予定ですのでお楽しみに。


posted by media_aidem at 05:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。