2007年05月09日

Wiiの供給不足 先の需要を見通す力が十分なかった?

 発売から約半年が経過しても人気の衰えないゲーム機「Wii」が供給不足に陥っていることを、任天堂の代表取締役社長である岩田聡氏が決算説明会で認めた。

 岩田氏は先週末、サイトに掲載したQ&Aで、「先の需要を見通す力が十分なかったと反省しきり」と述べ、Wiiが供給不足であることを認めた。

 岩田氏によると、当初の販売計画では、市場への幅広い浸透を図るため、ゲーム売り場以外でも積極的にWiiを売ることになっていた。だが新たな販路を開拓する前に、まず既存顧客の需要を満たすだけの供給を確保する必要があるとして、この計画は保留されていると同氏は述べる。

 Wiiの製造にはボトルネックがあり、これがWiiの供給問題の一因となっている。岩田氏は、「最新鋭のハイテクのものをまとまった量を作るのをさらに何割も増やしていくということは、実は簡単ではないんです。ですから、ボトルネックを一つつぶすと次のボトルネックが、つぶすとまた次のボトルネックが、ということで順繰りにやっております」と語っている。

 岩田氏によると、工場ではWiiの製造量を増やしており、5月中には小売店にでる量が「少し増える」見込みだという。(後略)


http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20348335,00.htm

供給過多になってしまっても価格の下落を招いてしまいますから、さじ加減は微妙なところでしょう。

個人的には品薄の状況を意図的につくり出して、消費者心理を煽っているのだと勝手に解釈していましたが、単なる思い込みでしょうか?経営陣もちらりとそんな思いがよぎったのでは?

Wiiが店頭に並ぶことをホントに心の底から願っているのは、純真な子供だったりしますので、はやくなんとかしてほしいものであります。


posted by media_aidem at 05:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。