2007年05月10日

持ち物で年代がわかる?

 インターネットリサーチのインフォプラントは5月8日、定例リサーチとして実施した「外出時の持ち物(携帯電話・現金を除く)」に関する調査結果を発表した。それによると、全体の40.3%が携帯電話を持ち歩いていないと「とても不安」と回答している。

 今回の調査における設問は2つ。1つめは「携帯電話と現金を除き、普段、外出時にどのような物を持ち歩いているか」という質問だが、これに対して男性では、「会員証」と回答した人が70.2%と最も多く、次いで「クレジットカード(62.3%)」、「腕時計(48.0%)」、「定期券・回数券・プリペイド式乗車カード(39.9%)」、「クーポン券(31.1%)」、「ガム・タブレット・あめ(30.8%)」という結果となった。

 年代別にみると、「手帳」「クレジットカード」「腕時計」は40歳代以上、「ポータブルオーディオプレーヤー」「ガム・タブレット・あめ」「制汗・デオドラント商品」は19歳以下、「クーポン券」は20歳代、「リップクリーム」は20歳代以下が多い。

 女性では「リップクリーム」が68.3%と最も多く、次いで「会員証(68.1%)」、「口紅・グロス(64.5%)」、「クレジットカード(59.7%)」、「ガム・タブレット・あめ(54.7%)」、「クーポン券(51.5%)」の順となった。

 年代別にみると、「手帳」は19歳以下と40歳代以上、「会員証」は30〜40歳代、「ペットボトル飲料」は19歳以下と50歳以上、「マスカラ」と「リップクリーム」は20歳代以下、「ファンデーション」は20〜40歳代で多い。また、「マスカラ」や「ポータブルオーディオプレーヤー」は、年代が低い層ほど多い結果となった。 (後略)


http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20348388,00.htm?ref=rss

携帯電話があれば、メモもボイスメモだってとれるし写真も撮れる、時計もついているし目覚ましやアラームもセットできる。というわけで携帯電話さえ持っていればとりあえずは安心という気がしますが、出がけによく忘れます。

 設問の2つめは「携帯電話の持ち歩きについて」だが、「持ち歩かないと、とても不安」が40.3%、「持ち歩かないと、やや不安」が40.6%、「持ち歩かないでも、あまり不安ではない」が14.0%、「持ち歩かないでも、まったく不安ではない」が2.8%、「どちらともいえない」が2.3%という結果となった。

携帯電話の持ち歩きについての選択肢を眺めてみると、わたくしの続する分類は,マイノリティの「まったく不安ではない」です。きっと誰かとつながっていないとという意識が希薄なのかも・・・。あなたはどうですか?


posted by media_aidem at 06:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯電話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。