2007年05月10日

やっぱり嫌いなものは嫌いだと。

 著名なLinuxカーネルプログラマで、NovellのLinux DesktopプロジェクトのチーフアーキテクトであるRobert Love氏が、同社を辞めてGoogleに入社した。

 Love氏は同氏のブログで米国時間5月4日、Novellを退職することを発表し、7日にGoogleへの入社を明らかにした。Love氏は、O'Reilly and Associatesから出版される新しい著書「Linux System Programming: Talking Directly to the Kernel and C Library」の執筆終了から数週間後にGoogleの「Open Source Program Office」に加わる予定であると述べた。

 Love氏がNovellを辞める数カ月前には、別の著名なオープンソースプログラマであるJeremy Allison氏もNovellを辞めてGoogleに移っている。

 Allison氏は、NovellのMicrosoftとの特許契約が退職の理由だと述べたが、Love氏の辞職理由は明らかにそれとは異なる。Love氏はSlashdotのサイト「news for nerds」への投稿で、「MicrosoftとNovellの提携は私の辞職の理由ではない」と述べている。

 Googleは、こちらも著名なLinuxプログラマであるAndrew Morton氏も採用している。


http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20348427,00.htm?ref=rss

厳選!今日のITニュースの前身ScrapBookでお伝えした記事。わたくし的にはMicroSoftのLinux親交・・・ではなく侵攻ととらえて、気分がよくなかった記憶があります。

SUSELinuxの顧客はMicroSoftとの提携に対しての反応はいいようですが、コアの部分を支えるプログラマが離脱するのはNovellにしてもSUSEユーザにしても、いろんな意味で打撃でしょうね。

しかし「会社の決定した方針に同意できないから辞めます」と言ってGoogleに転職するなんてすごいですな。大抵の人は辞めた後路頭に迷ったりしてしまうのに・・・。

お金持ちにお金は集まるといいます。同様に優秀なプログラマーはGoogleに集まるんですかねぇ。


posted by media_aidem at 07:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。