2007年05月11日

途上国に限定せず日本でも展開してほしいRed Hat Global Desktop

 Red Hatは米国時間5月9日、Linuxソフトウェアの新版「Red Hat Global Desktop」を発表した。この新版は、発展途上国のデスクトップコンピュータやラップトップコンピュータのユーザーに向けて開発されたもの。

 Red Hat Global Desktopのユーザーとして想定されているのは、発展途上国市場の政府や小規模企業などだ。同ソフトウェアは、Classmate PCやAffordable PC、Community PC、Low-Cost PCと称されるIntelのPCデザインに対応している。なおIntelは、Red Hat Global Desktopの設計やディストリビューションのパートナーとなっている。

 Red Hatは、サーバ向けソフトウェアを利用する顧客から得られるサポート料金を主な収入源としており、これまでDesktop Linuxには力を注いでこなかった。デスクトップ分野とは異なり、サーバ分野はMicrosoftによって独占されたことがなく、Linuxとも縁の深いUNIXが広く使われている。

 しかし、だからといってRed Hatがデスクトップ分野で何も手を打たなかったわけではない。同社は2004年、Microsoftからの市場奪取を狙って、デスクトップLinux製品を発表している。

 デスクトップLinuxの分野では、Canonicalもより活発な動きを見せている。先週、DellはCanonicalのUbuntu Linuxを一部のPCにプリインストールすることを発表したばかりだ。

 Red Hatは過去に比べ、万能な製品をつくるアプローチに移行していると、述べる。同社はGlobal Desktopの発表とともに、大企業向けのRed Hat Enterprise Linux(RHEL)において、管理性や安全性を向上させたことをアピールしている。また同社は、これまでPCに触れたことのない、発展途上国の子供たちに100ドルPCを届ける取り組みを進めるOne Laptop Per Childとも提携している。


http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20348516,00.htm

使わされるWindowsと、自分からアプローチして使っていくLinux。
ある程度の年数が経過すれば、それぞれのスキルの差は歴然です。そしていったんできてしまった差は埋めるのが大変だったりします。

オープンソースのLinuxとブラックボックステンコモリのWindows.成り立ちとしても違いがありますから、一概に比べることはできません。できないけれど、最初のパソコンを購入した当時、もし家電店の店頭にWindowsと並べてLinuxが陳列されていたら、パソコンを使うスタイルも今とは全く違ったものになっていたかもしれません。

ちなみにわたくしが自分のパソコンを購入したときは、Win95とMac(漢字Talk7.5)のPerformaが並んでおり、迷った挙句結局Macを購入しました。マイノリティで肩身の狭い思いをしているのは、当時から変わらなかったりして・・・。

最初からLinuxを選ぶ・・・せめて迷ってみる機会は必要だと思います。発展途上国に限定したりせずに、”ご近所の家電店”でも展開して欲しいと切に願いたいものです。


posted by media_aidem at 07:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。