2007年05月16日

Microsoftがまた・・・今度のターゲットはiPod

 ロサンゼルス発--Microsoftは当地で開催されているイベント「Windows Hardware and Engineering Conference(WinHEC) 2007」にて、自社ビジネステレフォニーソフトウェアに対応した最新の電話端末数機種を披露している。AppleのiPodに搭載されているようなスクロールホイール搭載する端末が特に目立っていた。

 このハードウェアを製造しているのはMicrosoftではない。だが、Microsoftは、このスクロールホイールのリファレンス設計を Polycom、LG-Nortelと共同で開発している。Microsoftの関係者に、このスクロールホイールの外見の類似性に関する法的問題についてコメントを求めたがコメントは得られなかった。おそらく問題はクリアしているのだろう。

 いずれにせよ、このスクロールホイールは住所録の長いリストを検索したり、膨大な量のミュージックライブラリから楽曲を探したりする際に機能するようだ。(後略)


http://japan.cnet.com/news/com/story/0,2000056021,20348788,00.htm?ref=rss

Linuxは特許を侵害しているとか「他のビジネスと同じルールの上で戦うべきだ」とかなんとかいいつつ、AppleのテクノロジーをパクってばかりいるMicrosoft。

またやらかしました。今度はiPodに似たスクロールホイールですって。恥も外聞もないとはこのことですな。

どんなにやぼったいデザインやインターフェースであっても、ここはひとつ他のビジネスと同じルールの上で戦ってほしいものであります。


posted by media_aidem at 07:58 | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。