2007年05月16日

トムソン VS ロイター 買収で決着

 ReutersとThomson Corporationは現地時間5月15日、両社のビジネス統合について合意に達したことを共同発表した。ThomsonがReutersを約87億ポンド(約172億ドル)で買収するという。

 Reutersは5月初め、相手先企業の名前は伏せたうえで、買収の予備的な打診を受けていることを明らかにしていた。一方、Thomsonは7 日、その打診をしたのは自社であることをプレスリリースで認めていた。ただし、ThomsonもReutersも、これが正式な買収提案につながるかどうかは分からないとしていた。

 Thomsonは11日、教育部門を売却することを、Apax Partners(Apax)とOMERS Capital Partners(OMERS)がアドバイザーとなっているファンドと合意したことを明らかにしたばかり。売却は77億5000万ドルの現金で行われるとされていた。教育部門の売却は、買収資金の準備と見られていた。

 新会社名はThomson-Reutersを予定しており、カナダ、英国、米国の各証券取引所に重複上場する。

 今後もThomsonとReutersのブランド名を残すことになっており、Thomson FinancialやReutersの金融・メディア事業の新名称にはReutersが用いられる。またThomsonにおける法務、税務、会計、学術研究やヘルスケア分野関連の残りの事業ではThomson-Reuters Professionalの名を用いる予定。

 買収はReutersの株主に1株あたり352.5ペンスの現金と、0.16株のThomson-Reuters株を付与する形式で行われる。 Reutersが予備的打診を受けていることを明かした3日のThomson株の終値(1株あたり48.46カナダドル)に基づくと、Reuters株が 1株あたり705ペンスと評価されたことになり、実際の3日のReuters株の終値に対し43%のプレミアムがつくと共同プレスリリースには書かれている。

 新会社のの最高経営責任者(CEO)にはReutersの現CEOであるTom Glocer氏が就く。Thomsonの現社長兼CEOのRichard J. Harrington氏は買収の完了とともに退任する。


http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20348810,00.htm?ref=rss

ロイター側の買収に対する予防策についても先日触れたので、なんとなく買収成功に対して個人的には失敗するだろうと考えていましたので正直驚いています。

主にインターネットの利用目的として、探しものや調べ物があります。わたくしにとってはニュースに触れるということが一番の利用目的なので、貴重なニュースソースがひとつ消えてしまうかもしれないのはやはりさみしいです。

関連サイトにもリンクを掲載しましたが,まだ、”ロイター”の名称のまま、ニュースを配信していました。今後はどうなってしまうのでしょうか。

【関連サイト】

ロイター





posted by media_aidem at 08:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

トムソンのロイター買収劇
Excerpt: 世界的な株価高騰と新興市場の発展により 金融サービスの需要が大きく広がるとともに インターネットの普及により新聞構造の変革期を迎えた現在 メディア業界の再編が活発です 今月15日にカナダの情..
Weblog: 投資こぼれ話
Tracked: 2007-05-17 04:45
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。