2007年05月24日

Googleのアクション

 大規模なインターネット企業には必ずオンラインセキュリティを担当する部署があり、Googleも例外ではない。今回Googleはここの部署で扱っている情報を公開することにした。同社は米国時間5月21日、Google Online Security Blogを開始した。同ブログは、1年ほど前から存在するもののほとんど知られていない同社のマルウェア対策チームのニュースを掲載する。

 Googleはその最初の投稿の中で、ウェブサイト10件のうち1件は悪質なサイトであるという内容の、今や有名になった同社の声明について不明だった部分を明確にした。この声明は、Niels Provos氏、Dean McNamee氏、Panayiotis Mavrommatis氏、Ke Wang氏、Nagendra Modadugu氏による4月に開催されたHotbots 2007での発表に基づくものとして発表された。Provos氏は、論文「The Ghost in the Browser(ブラウザに潜むゴースト)」(PDFファイル)は数十億件のウェブサイトに対する分析結果に基づくため、メディアに引用された数値は0.1%(1%以下)であるべきだと述べている。この調査では、数十億件から疑わしい1200万サイトが選択されたのだという。その結果、1200万件のうちの100万サイトが悪質なコードのドライブバイダウンロードに関わっていることが検出された。22日付けの投稿には、攻撃を受けたウェブサイトと配信サーバをホスティングする国を示す色分けされた地図も掲載されている(2つの地図において米国と中国は赤で表示され、カナダとロシアがそれに続く危険色で表示されている)。

 インターネット上のマルウェアは大きな問題であるため、Googleは独自に静かにウェブサイトを評価していた。同社の検索エンジンを頻繁に利用するユーザーは、GoogleがそのサイトをPCに有害である可能性が高いとみなしていることを示す記述を、サイト名の下に発見した経験があるかもしれない。

 大手セキュリティベンダーであるSymantec、Trend Micro、McAfeeは現在、オンライン検索結果に対し同様の警告を表示する製品を提供しているため、このGoogleの動きは興味深い。ZDNet.comのブロガーであるRyan Naraine氏は、Googleにこれらのベンダーに対抗する計画があるのか、あるいは既存のセキュリティベンダーを買収するつもりなのだろうかと首をかしげている。当然Googleは、同社の今後の計画に関する噂についてはコメントを避けた。


http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20349359,00.htm?ref=rss

強大企業になってしまったGoogle。ちょっとしたアクションに対してもGoogleの周辺はさざ波がたちます。
PageRankのためのアルゴリズムを研究・模索している過程で枝わかれした部署なのか、それともセキュリティベンダーに本当に興味があるのかはわかりません。

ウェブブラウザFirefoxでは、偽装サイトのチェック項目に「表示するサイト全てについてGoogleに問い合わせをする」とあります。
社内で調査するだけではなく、ユーザからも情報を収集する動きがあるのは確か。買収かそれともセキュリティベンダーとして参入か・・・個人的には参入の可能性は極めて低いと考えているのですが、さてどうなりますやら。


posted by media_aidem at 08:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。