2007年05月25日

Dell 小売業界に新規参入

 Dellがその営業戦略に新たな側面を加えつつあるが、それで同社が元の軌道に戻れるかどうかは不明だ。

 その創業当初から消費者直販モデルを自慢にしてきたDellは米国時間5月24日、「Dimension」デスクトップの2モデルを6月10日からWal-Martの3000店舗以上で販売することを発表した。

 これは大幅な戦略転換ではあるが、Dellがその直販モデルを断念するわけではない。同社広報担当のBob Pearson氏は、「直販モデルにはかつてないほどの信頼を寄せている」と語っている。

 また、これは完全に予想外の措置でもない。The Wall Street Journal紙によると、創業者兼最高経営責任者(CEO)のMichael Dell氏は4月、同社の方向性について書かれたメモを社員に電子メールで送信したという。そこには、「直販モデルは革命だったが、いつまでもより所にするものでもない」と書かれていたという。Dell氏はつい先週も、Computer Reseller Newsとのインタビューのなかで小売店を展開する可能性があると語り、小売業界を驚かせた。 (後略)


http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20349520,00.htm?ref=rss

ダイ・ハードxDELL
直販では世界有数でも、小売業では若葉マークのデル。これからが大変そうですね。

一度デルオンラインストアで買い物をしてみたことがあったのですが、様々なアンケートをこれでもかととられた経験があります。Ubuntu Linuxの新バージョン「Feisty Fawn」の搭載モデル販売を決定したのもユーザの声を反映したものなので、アンケート結果はしっかりとDellの上層部に届いているのだなと感じました。

無駄なソフトを一切省くDellの姿勢とか、Linuxの採用。Appleがスティーブジョブスを招き入れたようにCEOに返り咲いた創業者など、応援したくなる材料はたくさんあります。前途多難な様子ですが、小売業への参入が、巻き返しのはずみになればいいですね。


posted by media_aidem at 15:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。