2007年05月27日

Brightcove 国内参入 しかし時期は未定

 日本市場への参入を決めた米動画配信支援企業のBrightcove。民放キー局のサイト制作業務なども手がけるテレマーケティング国内大手のトランスコスモスから出資も受け、その準備も整った。

 YouTubeに沸く日本を含む世界市場、その一方で問題視される著作権侵害、さらにはいかにして収益モデルを構築すればいいのかという問題──。

 依然として混沌した市場の中で、同社はどのような狙いと戦略で、日本攻略を進めるのか。創業者で最高経営責任者(CEO)のJeremy Allaire氏に聞いた。(後略)


http://japan.cnet.com/interview/story/0,2000055954,20349541,00.htm

広告がテレビからインターネットにシフトしてきたように、テレビを見ていたユーザもインターネットにシフトしています。それは当然「たれ流されるメディア」よりもオンデマンドや自ら探し当てたコンテンツの方が楽しいから。

YouTubeを”盗人”と揶揄するBrightcove。
でもBrightcoveのやろうとしているのは、一方向からの「たれ流し」をテレビからネットへ持ち込もうとしているだけ。テレビを見ていて煩わしく感じるCMを集めてネット配信してどーするの?と疑問が湧きます。

いつでもどこでも、どんな動画コンテンツでも見られるというコンセプトで展開している我々の方が、今後の広がりという意味においては期待できるビジネスモデルであると考えています。

テキスト広告やバナー広告までコンテンツマッチ型へ進化しつつあるこの頃。ネット上での時間の流れは早いです。Brightcoveもコンテンツが楽しいものなら歓迎されるのでしょうが、どうなりますやら。
posted by media_aidem at 06:57 | Comment(0) | TrackBack(1) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Brightcove、日本上陸へ
Excerpt: Brightcoveが日本上陸の段階にあるとのこと。 動画が牽引する複合メディア...
Weblog: ad-apt
Tracked: 2007-05-27 18:51
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。