2007年05月29日

ブログスフィアの精度

 キーウォーカーは5月28日、自然文意味解析技術を応用したブログ解析サービス「BlogSphere(ブログスフィア)」を利用した新サービスとして、マーケティングやリサーチ用途に向けた「BlogSphere for Research」を発表した。6月1日から提供を開始する。

 BlogSphereは人工知能のアルゴリズムを応用した、日本語の自然文意味解析技術をベースにしたブログの解析サービスだ。キーワードを入力して解析を実行すると、そのキーワードがブログの中でどの程度言及されているかということや、キーワードに言及したブロガーの属性がグラフで表示される。

 キーウォーカーでは、BlogSphereのアルファ版サービスを2006年10月から約1カ月公開していたが、マーケティングやリサーチ用途に向けて機能を強化し、今回のサービス提供に至った。

 BlogSphere for Researchでは、キーワードへの言及度合いを時系列で表示できるほか、キーワードに言及したブロガーの男女比や年代構成、趣味、職業、配偶者や子供の有無、買った物や欲しい物、視聴メディア、好感度の高いタレント、さらに居住地域ごとの言及度などが解析できる。

 また、男性のみ、女性のみというように、セグメントを限定した解析にも対応するほか、解析の際にノイズとなるキーワードやブログを排除する機能も備えているため、キーウォーカーでは「マーケティングのサンプルとして有効だと思われるブログ記事のみを抽出することも可能」としている。

 料金は1ユーザー、リサーチ条件5件までで月額19万9500円から。キーウォーカーでは企業のマーケティング、PR担当者やPR会社などの利用を見込む。

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20349422,00.htm?ref=rss

ブログスフィアを乗りこなせば、対象者を丸裸にできる?
そんな印象を受けますが、だらだらと日々起こったことをブログにアップしている人ばかりではないわけで・・・。

たとえば、

趣味、職業、配偶者や子供の有無、買った物や欲しい物、視聴メディア、好感度の高いタレント、さらに居住地域


がわかったりするそうですが、このニュース系ブログでは多分わたくしの欲しい物や視聴メディア以外はわからないのではないでしょうか。
契約しているブログサービスから居住地などのパーソナルデータを取っているなんていうのは別にして、それほど詳細なデータを晒しているとは考えられないのですが。

それとも

解析の際にノイズとなるキーワードやブログを排除する機能


を駆使してはじかれちゃうんですかねぇ。

100歩譲って、解析精度が高くて仮に詳細なデータをとれたとします。でもこの料金高くないですか?


posted by media_aidem at 07:35 | Comment(0) | TrackBack(1) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

(予備知識なし)複数文書類似文字列検出
Excerpt: 今話題の言葉(blogでよく使われる、など)をユーザに見せるwebサイトなど、割りと有名なところなどいくつかありますが、 http://d.hatena.ne.jp/hotkeyword ..
Weblog: 研究開発
Tracked: 2007-05-29 19:04
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。