2007年05月29日

Mooreの法則とAmdahlの法則

 プロセッサは長年高速化を重ね、多くのデスクトップソフトウェアにおいてパフォーマンスの向上が容易になった現在、ただ乗りの時代は終わったというのがIntelの主張である。

 IntelやAdvanced Micro Devices(AMD)などのプロセッサメーカーは、高速な演算装置(コア)を1基だけ備えた製品ではなく、複数の演算装置を備えた製品を提供するようになってきている。問題は、現在ほとんどのソフトウェアが、その利点を使いこなせるようにできていないということである。

 IntelのフェローShekhar Borkar氏は、プロセッサは18カ月から2年ごとにパフォーマンスが約2倍になるという考えを引き合いにして「ソフトウェアもMooreの法則に従い始めるときだ。対応する並列処理の量を2年ごとに2倍にしなくてはならない」と述べた。

 しかしこれは、ソフトウェア業界にとっては困難な挑戦である。それぞれのマシンが複数の負荷を同時に処理しているサーバサイドでは、対応状況が比較的よい。デスクトップアプリケーションがスーパーコンピュータやサーバでの処理方法をある程度真似ることは可能だ。しかし、Mooreの法則とは別に、 Amdahlの法則というものがある。プログラムにおける並列処理には限界があり、逐次的にしか処理できないタスクがあるという考えである。

 Borkar氏が米国時間5月25日に一部の記者へ明かしたところによると、別の意見もあるという。アプリケーションに複数の異なるタスクを扱わせることや、システムに複数のアプリケーションを実行させることはできる。プログラムとシステムに、ユーザーがどのタスクを望んでいるのか推測させて、その用途にプロセッサのパフォーマンスを振り分けさせることもできる。しかし、ソフトウェア業界に取り組みを続けさせることは、なかなか上手くいかない。(後略)


http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20349605,00.htm

なるほどソフトウェア側の進化がないと、デュアルコアなど複数チップを搭載してもその恩恵が享受できないということですか。

でもデュアルコアによる並列処理のことなんてムーアの法則にありましたっけ?

これ以上クロックアップできないから、そんじゃチップを2つ載せちゃえという行動にシフトしたくせに、何をおっしゃっているのでしょう?と個人的には思えてなりません。

ハードメーカーは自らの主張をするでしょうし、ソフトベンダーにも主義主張はきっとあることでしょう。ここはひとつソフトとハードで1つの製品を作っているAppleを観察しましょう。MacBookもCore 2 Duoになってラインナップが揃ってきたことですから、いい道標になってくれるのではないでしょうか。

しかし、今まで培ってきた技術が陳腐化してしまいそうな危機に直面しているプログラマもいるはず。ずっと過渡期にあるコンピュータ業界に携わるのも大変なことであります。



【参考サイト】

ムーアの法則


posted by media_aidem at 08:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。