2007年05月30日

MicroSoft VS OpenSource

 Microsoftの保有する235件の特許をオープンソースソフトウェア業界が侵害しているとする同社の発言によって難しい問題が浮上し、注目を集めている。特許侵害に関して、企業は自らをどこまで積極的に取り締まるべきなのだろうか。

 Microsoftによると、今回同社が、具体的にどの特許かということでなく、235件という侵害されているとする特許の件数を示したのは、 2006年11月に発表したLinuxベンダーのNovellとの提携と同じような知的財産ライセンス供与契約を打ち出すための交渉の場に、オープンソース企業を導くためだという。しかし今回の発言は、オープンソースソフトウェア企業に対し、自社がMicrosoftのどの特許を侵害しているかを見つけ出して交渉の席に着くことを暗に求めているのだと業界の専門家たちは指摘し、こうしたMicrosoftによる暗黙の要求は、しょせん非現実的なものだと述べている。

 一般的に、米国における特許の件数、多様さ、不明確さを考慮すると、ソフトウェア特許に関して侵害の可能性を調査することは現実的とは言えない。そればかりでなく、もし特許侵害があると考えた場合でも、特許保有者が接触してくるまで待つというMicrosoft自身の方針とも食い違う。(後略)


http://japan.cnet.com/special/story/0,2000056049,20349701,00.htm

競合する製品や企業を圧力や買収という方法で押さえつけてきたMicroSoft。
いくらマーケットシェアを握っていても、今度の競合相手は無料で使える(こともできる)Linux陣営ですからな、今まで取ってきた手法はきっと通用しないでしょう。そこで特許という圧力を押し付けてきたという図式。

話は全くかわりますが、わたくし厳選!今日のITニュースの他にプラットフォームについてあれこれ書いているブログを運営しています。
今統計を取ってみたら記事の配分はMac10%、Windows30%、Linuxが50%でした。でもアクセス解析を見てみると圧倒的にLinux目当ての閲覧者であることに気づきます。シェアに応じてそれだけLinux関連の情報が少ないからアクセスがあるのか?・・・多分違います。個人的にはそれだけLinuxが注目され始めた証拠なのだと考えています。

自宅のシステムをMacとWindowsの混在した環境からLinuxを中心に置くクライアント&サーバの形へと置き換えて1年とちょっと経過しました。その間にVine Linux3.1→3.2→4.0→4.1→Ubuntu Linux 7.04と”進化”したのですが、見る間に使いやすくなりました。特にUbuntuは半年に一度メジャーバージョンアップしますから、進化の度合は階段を駆け足で登るようなイメージです。

LinuxはOSの入手もインストールも簡単。CD-Rとドライブ、そしてISO形式で焼くソフトがあればいいだけです。

WindowsはXPからVistaまで5年でしたか?導入費用はいくらかかるんでしたっけ?

きっとXPからVistaに・・・ではなく、Linuxに乗換えようとしているユーザは少なくないと思います。なにを買えばいいのか相談されてWindowsXPを勧めた人たちにはMicroSoftのサポートが切れたら即効でLinuxを勧めるつもりでいます。

だから膨大なシェアを握っているけどケツに火がついた企業の圧力なんかにLinux陣営は負けないで欲しいです。ウェブブラウザだけでなんでもできちゃう時代はすぐそこまできています。そしてWindowsなんていらない時代も・・・。


タグ:ubuntu Vine
posted by media_aidem at 06:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。