2007年06月01日

ビルゲイツとスティーブジョブス 夢の競演

 カリフォルニア州カールズバッド発--Appleの最高経営責任者(CEO)であるSteve Jobs氏とMicrosoftの会長であるBill Gates氏が米国時間5月30日、カリフォルニアで開催中の技術関連会議「D: All Things Digital(D5)」で75分間のジョイントセッションに臨んだ。本記事では記者のIna Friedが現場からの情報をお届けする。

 両社ともこの日、D5の会場において、それぞれの新製品やサービスを発表している。Microsoftはテーブル型PC「Microsoft Surface」を披露し、Appleは「Apple TV」がYouTubeのビデオに対応したことを発表している。

 ジョイントセッションが行われる会場には、入りきらないほど多くの観客が押しかけた。また、イベントを映し出すスクリーンの用意された、数百ヤード先の別の会場へと、多くの人が足を運んでいる。


http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20349898,00.htm

牽制しあっているのか本音を言い合っているのか、文章からだと伝わってこないのが残念です。・・・でも牽制でしょうな

MacとLinuxそしてちょっとだけWindowsを使うわたくしにとっては、やっぱりMicrosoftにはふんぞり返っていてほしいし、MacやLinuxにはマーケットシェアの部分でもっともっとWindowsに肉薄してほしいです。

なんだかうまく表現できませんが、ジョイントセッションは夢の共演であり、翌日からはまた敵同士・・・個人的にはそんな構図を望んでいます。


posted by media_aidem at 10:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。