2007年06月12日

WindowsでもSafari!

 日本時間6月12日未明、サンフランシスコで開催されている「Apple Worldwide Developers Conference 2007」で、Appleがウェブブラウザ「Safari」のWindows版を発表した。対応OSはWindows XPおよびVista。Appleのサイトからダウンロードできる。

 Windows対応版はバージョン3で、現在はパブリックベータとなっている。AppleによればIE7の2倍、Firefoxの1.6倍速いという。(後略)


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20350617,00.htm?ref=rss

今年のDevelopers Conferenceの目玉のひとつはやっぱりWindows版Safariでしょうか。
毎回、何かしらのサプライズが用意されていますが、このニュースはマカーよりもウィンドウズユーザを驚かせる結果になったようです。まだパブリックベータ版で日本語未対応ということで、インストールに躊躇するかもしれませんが、逆に「いままさに進行している技術」に触れる
いい機会のように思います。XPおよびVistaをお使いの方は是非。

Linuxをメインの環境として使っている立場からみると、メジャーどころだけでもIE、ネスケ、Opera、Firefox、ルナスケープそれに今回のサファリ。やっぱり選択肢が増えるのは羨ましいです。

 Appleは、市場を独占するMicrosoftのInternet Explorer以外に、MozillaのオープンソースブラウザFirefoxもライバルと見なしている。

Linux版も期待してしまってもいいのでしょうか?

【関連ページ】

ルナスケープ
posted by media_aidem at 14:03 | Comment(0) | TrackBack(1) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Windows環境にもSafari
Excerpt: Windows環境にもSafari。選択肢が多いと…
Weblog: ウェブマスターの憂鬱
Tracked: 2007-06-28 17:40
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。