2007年06月13日

パソコン 次の10億台は・・・

 PCの使用台数が10億台を突破するまでには27年かかったが、市場調査会社によれば、20億台の突破までには5年ほどしかかからないだろうという。

 米調査会社のForrester Researchは米国時間6月11日、「Worldwide PC Adoption Forecast to 2015」と題した報告書を発表した。同社は、次の10億台の主なユーザーは、ブラジルやロシア、インド、中国といった新興国の、これまでPCを1度も使用したことのなかった人たちになるだろうと述べている。同社によれば、これらの国では、2015年までに少なくとも7億7500万台のPCが新たに使用されるようになるという。

 PCへのアクセスが可能になることは、それらのユーザーにとって有益なだけでなく、PCメーカーや販売会社にとっても、大きな売り上げ拡大のチャンスを表している。PC業界は、既存ユーザーのPCの買い換えによってもまだ利益を得ることはできるが、これまで1度もPCを所有したことのないユーザーの数は既存ユーザーよりもはるかに多く、そこをターゲットにすれば巨額の売り上げが見込める。

 ただし、新市場への参入には当然ながら難点もあると、同報告書では警告している。十分に成長した市場では、PC販売会社はPCの購入サイクルをかなり正確に予測することが可能だが、未開拓の市場では、その予測がかなり難しい。したがって、今後10年間は、ベンダー同士が協力して、適切な生産量を測定していく必要があるだろうと、Forresterは述べている。

 さらに、PCの所有や使用台数の急増の一部は、「One Laptop Per Child」(OLPC)や、Microsoftの「Unlimited Potential」、Intelの「World Ahead」、AMDの「50x15」といった、廉価版のPCを恵まれない子どもたちや発展途上国に提供することを目的としたプログラムによるものになるだろう。


http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20350684,00.htm?ref=rss

初めて自分でパソコンを買ったのはMacのPerforma6260というモデルでした。当時、家電量販店でパソコンを選ぼうとするとWindows95かMacという選択肢しかありませんでした(今も似たようなもの?)。

いまわたくしの部屋にはMac、Linux、Windowsが混在してごちゃごちゃとパソコンが9台あります。この記事を読んでくださっている方の中にも複数台所有しているという方が少なくないのではないでしょうか。

入手できるひととおりのOSに触れてみて、個人的には今後WindowsマシンやMacを購入することはないと思います。オープンソースのLinuxに慣れるとそんな考えにたどり着きます。

次の10億台のパソコンでマーケットシェアやベンダーのパワーバランスはどうのように変化するのでしょうね?その答えは遠くない未来に出るようです。


posted by media_aidem at 09:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。