2007年06月14日

YouTubeが危険! 〜動画ファイルを装ったトロイの木馬

 YouTubeの動画を装ったファイルが出回っており、これをダウンロードするとコンピュータを危険にさらす恐れがあると、Trend Microが警告している。問題のファイルは、実行された場合、ハイテクが滅んだ後の社会を描いたウェブテレビシリーズ「Afterworld」の1エピソードを掲載した YouTubeのページを表示し、その背後で別のサーバに接続してトロイの木馬をダウンロードする。ウェブセキュリティ企業のWebsenseもこのトロイの木馬を追跡調査し、もともとはかつてのソビエト連邦に割り当てられ、現在でも利用されている「.su」ドメインが出所であることを突き止めている。

 ネット上のメディアファイルを利用して一般ユーザーのコンピュータに感染するマルウェアは、今回が初めてではない。2006年12月には、 Appleの「QuickTime」が搭載したJavaScript機能の脆弱性を利用したワームが、MySpaceに出現している。皮肉なことに、 Websenseは、このトロイの木馬に感染した場合にコンピュータに起きる現象を説明した動画を、当のYouTubeに掲載している。このトロイの木馬は、感染したコンピュータから個人情報を盗みだし、オンライン上の特定の場所(具体的な場所は公表されていない)に送信する。


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20350774,00.htm?ref=rss

Youtubeで動画を観賞している裏側で別のサーバからトロイの木馬をダウンロードしてしまうという偽装ファイルが発見されました。
セキュリティソフトも進化してきていますから、今後はこんな仕掛けが増えてしまうのかもしれませんね。

具体的にはどのように防げばよいのでしょう?
追跡調査も大切だとは思いますが、Youtubeを利用するユーザのために、何らかの対策もていじしてほしいところであります。





ウイルスバスター ダウンロードストア


posted by media_aidem at 11:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。