2007年06月14日

Mac版OpenOfficeがデビューまでもう一息

 オープンソースのオフィススイート「OpenOffice」を開発するOpenOffice.orgは、Mac OS Xでネイティブに動くOpenOfficeのアルファ版をリリースした。

 Microsoftの「Microsoft Office」と競合するOpenOfficeは、「X11」グラフィカルインターフェースを利用することで、すでにLinux、UNIXに対応している。だが、今回初めてAppleのネイティブなGUI「Aqua」を利用した。

 現在アルファ版であるこのソフトウェアのダウンロードページには「本ソフトウェアは、クラッシュしあなたのデータを破壊する恐れがあります。本番環境における実作業で本ソフトウェアを使用しないでください」と警告が掲載されている。また、印刷機能やコピー&ペースト機能が正常に動かない点や、終了時のクラッシュなど深刻な複数の未解決の問題が存在する。


http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20350759,00.htm?ref=rss

MacOSXのGUI環境”Aqua”上でOpenOfficeが動かせるのも、もうすぐかもしれません。

もっとも「サンがOpenOfficeのネイティブ版に着手」のニュースをお伝えしたのが先月初頭ですから、アルファ版のリリースまでかなり早かったですね。

正式リリースが我慢できないマカは、Linuxとデュアルブート環境にしてX11でOpenOfficeを動かしてみるなんて手段もありますが、ベータ版や正式リリースも時間の問題でしょうから、もうちょっと待っているのが得策なのかもしれません。

しかし、Office 2008 for Mac登場のきざし?なんてニュースをお届けしたのが一昨日のことでしたが、OpenOfficeのニュースで一気に霞んでしまいますね。


【関連ページ】

マカに朗報!サンがOpenOfficeのネイティブ版に着手。


posted by media_aidem at 12:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。