2007年06月15日

Windowsでもサファリ いかがでしょう?

 Appleは米国時間6月14日、3件の脆弱性に対応した「Safari 3.0.1 for Windows beta」をリリースした。このバージョンでは、任意のコードの実行を発生させる可能性を持つコマンドインジェクションの脆弱性に関するCVE-2007-3186、予期せぬアプリケーションの終了または任意のコードの実行を発生させる可能性があるアウトバウンドメモリリード問題に関するCVE-2007-3185、クロスサイトスクリプティングの可能性を持つ競合状態に関するCVE-2007-2391が修正されている。これらの修正はWindows XPおよびWindows Vistaに影響があるが、Mac OS Xシステムに影響を与えない。

 このバージョンのダウンロードはAppleのサイトから可能となっている。


http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20350906,00.htm?ref=rss

Safari 3.0.1 for Windows betaがリリースされました。
パブリックベータのため不安定な部分を少しずつ減らしている段階のようなので、まだまだ実際に使う段階ではないようです。待望の日本語にも未対応なようですし・・・。

しかしマイクロソフト謹製のブラウザよりも軽快に動作するFirefoxよりもさらに速いのはとっても魅力。「Safari 3 for Windows」パブリックβ版が公開から2日で100万ダウンロードを超えたなんてニュースもありますから、前途は明るいですね。


posted by media_aidem at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。