2007年06月19日

Lunascape 4.3.0登場!世界ではじめてリカバリ機能とリセット機能を標準搭載

 Lunascapeは6月18日、ウェブブラウザ「Lunascape」の最新正式版となる「Lunascape 4.3.0 正式版」を公開した。

 Lunascapeは、RSSリーダー機能を搭載し、同社が開発した国産のタブブラウザー。最新版では、“リカバリ”機能と“リセット”機能を世界ではじめて標準搭載したのが特長。

 リカバリ機能では、お気に入りやデザインスキンなど13項目から選択した設定内容を何度でもバックアップすることが可能で、いつでも任意の時点の設定状態に復元できる。また、Lunascape liteシリーズ以外の、過去のLunascapeシリーズからの設定の移行にも対応した。また、リセット機能は、Lunascapeをインストール時の初期設定まで設定内容をリセットすることが可能だ。

 そのほか、RSSを取得する際に発生するスレッド数に上限を設けてCPUリソースの利用状況を軽減する仕様の追加や、最新版のFlash Playerでマウスジェスチャーが動作するよう改善を行うなど、旧版から約20点の機能改善・不具合修正が施されている。

 また同時に、「Lunascape」独自プラグインとして、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)“Twitter”に対応した「Twitterプラグイン」をリリース。ユーザーは他のウェブページを閲覧しながら、プラグイン上で定期的(最短で3分ごと)に更新情報を確認でき、プラグイン上から記事を投稿することも可能だ。


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20351053,00.htm?ref=rss






精力的にバージョンアップを続けるLunascape。
確か以前は国産のウェブブラウザであることと、ヘビーカスタマイズがウリだったはず。今度のバージョンではアプリケーション単体でリカバリやリセットができるようになったというから驚きです。

ウェブアプリが増えてきてブラウザさえあれば様々な作業ができるようになってきていますから、リカバリ機能やリセット機能は未来を先取りした機能なのかもしれませんね。


【関連サイト】

ルナスケープ


タグ:twitter Lunascape
posted by media_aidem at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。