2007年06月26日

Yahoo Japan "躍進"の理由

 ネットレイティングスは6月25日、2007年5月度のインターネット利用動向に関する結果をまとめた。調査の結果、企業別集計における家庭からの月間利用者数で「Yahoo! Japan」がはじめて4000万人の大台を突破していたことがわかった。

 Yahoo! Japanは、ネットレイティングスがインターネット視聴率データの提供を開始した、2000年4月以来、85カ月連続で利用者数、ページビュー(PV)数ともに第1位を堅持している。ネット視聴者全体に占めるYahoo! Japanの利用者比率は88%に達し、ネットユーザーの約9割が月に1度はYahoo! Japanが運営する、いずれかのサイトを利用していることになる。

 さらに、Yahoo! Japanの月間PVは、家庭からの利用と職場からの利用の合算が318億PVを突破。ネット人口が日本の約3倍ある米国の企業別PV数と比較した場合にも、突出したPV数を記録した。

 また、家庭と職場からのアクセスを合算した、同月における米国の企業別PV数のトップは、316億PVで米の「Yahoo!」だった。次いで「News Corp. Online」の296億、「Google」の212億、「Microsoft」の155億の順となり、Yahoo! Japanは世界第1位のPV数を記録した。

 一方、対前年同月における成長率を上位企業でみた場合、58%増の「Google」が圧倒的に高かった。


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20351504,00.htm?ref=rss

なぜYahoo Japan?と頭をひねってしまいます。
書店の書籍コーナーにはGoogleの解説本が溢れ、IT関連のニュースでもほぼ毎日Googleという社名が登場しているのに・・・。

ポータルサイトと検索サイトは一致させる必要はないというのが持論で、ナローバンドでネットを徘徊していた8年ほど前から開いたこともないカテゴリが並ぶ”重い”Yahoo JapanよりもシンプルなGoogleを愛用しています。

よくGoogleはヘビーユーザ、Yahoo Japanはビギナー(ライトユーザ)が使うなんて言われます。2位以降のトップ5はアメリカのサイトであるところをみると検索の精度が高くなく、1つの情報を得るためにキーワードを変えつつ何度も検索をしなおしているライトユーザが多いのかな?と感じるのですが、けっこう的を得ているのかもしれません。


posted by media_aidem at 06:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。