2007年07月09日

iPhoneを騙る?偽ジョブス

 ここ数カ月、ハイテク業界で最もよく読まれているブログがある。爆笑まちがいなし、手加減しない皮肉が利いた「スティーブ・ジョブズの秘密の日記(Secret Diary of Steve Jobs)」だ。

 本人になりすましてこのブログを書いている人物はFake Steve Jobs(FSJ)(偽 Steve Jobs)を名乗り、終始「マーケティングの天才」Steve Jobs氏本人の権威を主張しながら、Apple、ハイテク、シリコンバレーの何もかもに意地の悪い笑いを浴びせている。決め台詞は「あのさ、例の超すごい『iPod』は僕が発明したって知ってた?」

 ブログの読者が増えれば、影響も大きくなる。Fake Steve Jobs氏はとうとう、Business 2.0誌に「ビジネスの世界で41番目に影響力のある人物」として紹介された。その正体をめぐってはさまざまなうわさが入り乱れ、いっこうに収拾がつかない。「正体が誰だろうと関係ない」という声もある。確かに、このブログは誰が書いているのかわからないほうがおもしろい。しかしメディアは(メディアとは本来そういうものだが)、このブログの筆者ではないかと思われる人物の名をたえず取り沙汰している。Fake Steve Jobs氏とは、ブログValleywagの筆者Nick Denton氏なのか?それともSteve Jobs氏本人?(後略)


http://japan.cnet.com/interview/story/0,2000055954,20352351,00.htm

本物のジョブスなのか、そうでなければ誰なのか?
記事中にはアマゾンへのリンクが貼ってあって、クリックしてみると著者のところには"Fake Steve Jobs"、なんと本まで出版してしまっているようであります。

IT関連のニュースで取り上げられ、世界中に配信されるのもすごいですが、やっぱり圧巻なのはコンテンツですね。まことしやかな嘘だとうさん臭く警戒されてしまいますが、このぐらいとっぱずれているといいキャラとして受け入れられます。逆にラリった本人かも・・・なんて思いも浮かびますが。

翻訳してくれるなら、ぜひ読んでみたいブログです。


posted by media_aidem at 08:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。