2007年07月19日

Firefoxの勢いとMicrosoftの対応

フランスのウェブモニタリング企業XiTi Monitorによると、Firefoxの市場シェアが、欧州32カ国において過去4カ月の間に平均3.1%拡大したという。

 Firefoxは最初のリリース以来、支配的なシェアを有するMicrosoftのブラウザ「Internet Explorer」から、着実に市場シェア奪ってきた。2006年7月第1週には欧州で21.1%だったFirefoxのシェアは、2007年7月第1週には27.8%に達したと、XiTi Monitorは述べる。

 Mozilla Europeの社長Tristan Nitot氏は「月曜日の朝から仕事に取り掛かるというのはよいことだ。われわれの目標は消費者による選択を促進することであり、引き続き市場シェアを伸ばすことを期待している。独占は革新を阻害する」と述べた。

 Microsoftはいまだ、欧州のブラウザ市場で66.5%のシェアを握っているが、Firefoxの人気が非常に高まっている国(とくに東欧州諸国)もある。スロベニアでは、Firefoxが市場シェアの47.9%を握り、ポーランド、ハンガリー、クロアチアでも39%以上を占めている。

 Nitot氏によると、スロベニアやポーランドなどにおけるFirefox躍進の大きな要因は、当地のサポートネットワークにあるのだという。

 同氏は「非常に活発なコミュニティがあり、フォーラムによるオンラインサポートを積極的に行っている。また、何かトラブルが起こるとコミュニティから人がやってきて、問題になり得る部分を解決する」と述べた。

 Nitot氏は、MicrosoftはFirefoxの市場シェア拡大を無視するべきでないと述べる。

 同氏は「FirefoxはMicrosoftの懸念材料になるべきだと思う。Microsoftを仕事に引き戻し、IEの改善を進めさせる刺激になろうと考えている。すべての人のウェブエクスペリエンスが向上することを望んでいる」と述べた。(後略)


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20352958,00.htm

ぎゃお
Firefoxの国内シェアは12.72%とのことですから、ヨーロッパではどれだけ加熱してるのかがわかります。

IEとシェアを2分する程盛り上がり見せるスロベニア。それだけいろいろなソフトを取り込んで挑戦してみるといった姿勢が強いのでしょうな。

さて、日本でもパソコンでネットを使っているユーザの10人に1人以上がFirefoxを愛用しているというのに、まだ稀に肩身の狭い思いをさせられます。
たとえば、使用しているパソコンの環境を検査してみるとサムネイル(クリックで拡大します)のような結果を吐き出す某サイト。日本最大級の動画番組が完全無料!なんだそーですが、こちらの環境をなにひとつ読み取れないってどーゆーこと?きっとウィンドウズしかわからんのでしょう。

本記事後半部分にも書いてありますが、もっといろんなことに取り組まなければならないのはMicrosoftに限ったことではないように思います。


posted by media_aidem at 09:17 | Comment(0) | TrackBack(1) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

パソコンにやつあたり
Excerpt: かなり偏りのあるあたくし。元記事を読んでふっと考えたの…
Weblog: ワールド ニュース サーチライト
Tracked: 2007-07-22 18:30
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。