2007年07月23日

Googleの視線の先

 ウェブ検索大手のGoogleは米国時間7月20日、米連邦通信委員会(FCC)が開催する700MHz帯の周波数割り当てオークションに参加し、最低入札額の46億ドルを支払う意向を表明した。

 ただし、Googleの参加には条件がある。同社はFCCに、最終的な落札者が誰になるかに関わらず、ライセンス発行条件に関する4件の提案すべてを承認するよう求めている。

 GoogleはFCCに対し、700MHz帯の一部をブロードバンド通信利用優先(もしくは専用)で確保するよう働きかけてもいる。同社は「オープンなアクセス」のルールを求めており、もしそれが得られなければ、通信会社やケーブルテレビ会社など少数の大企業だけが電波を恒久的に管理するようになると危惧している。

 Googleは、次の「オープン」プラットフォーム提案4件をFCCに同意するよう求めている。オープンなユーザー向けアプリケーション。ユーザーがどのネットワークプロバイダを選択しても機能するオープンなデバイス。サードパーティーの再販業者がワイヤレスサービスをホールセールベースで入手可能なオープンなサービス。インターネットサービスプロバイダなどのサードパーティーが700MHz帯のライセンス取得者による無線ネットワーク上のあらゆる妥当なポイントに相互接続できるオープンなネットワーク。


http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20353203,00.htm

Googleが携帯業界へ参入なのかという考えがちょっとだけよぎりましたが、彼らが主張している内容からは壮大な考えを実現するための手段のひとつとしてオークションへ参加したように思われます。

プラットフォームはLinuxを採用するなど、Googleのオープンソースへの関わりを考えれば納得のいくところ。

具体的にはどんなサービスとなるのでしょうね。ワクワクしながら待ちたいと思います。


posted by media_aidem at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。