2007年07月26日

インターネットによる金融商品購入に関する調査





 Webマーケティングガイドでは、シニア層のインターネットでの金融商品購入に関する調査を企画し、株式会社エルゴ・ブレインズが運営するターゲットリサーチのリサーチパネルに対してインターネット調査を行った。

 今回の調査から、シニア層のインターネットユーザーの半数以上がインターネットのみで金融商品を購入するという回答結果が得られた。

 調査対象者は、50代60代男女のインターネットユーザー300人。更に、事前調査では、過去にインターネット上で金融商品を購入した経験のあるユーザーを抽出した。(後略)


http://japan.cnet.com/research/column/webreport/story/0,3800075674,20353321,00.htm?ref=rss







購入の際に店頭まで赴く必要がなく、なおかつ手数料も安いとなればインターネット取り引きにシフトするのは素人考えでも容易に想像できます。

ネットでの取り引きが開始した当時はセキュリティが甘く、ネット取り引き自体が危険という認識がありましたが、その点も徐々に払拭されつつあります。

もう一歩先に進んだアプローチがクライアントに対してできれば、潜在需要はまだまだある分野に見えるのですが・・・。


posted by media_aidem at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。