2007年07月31日

Grub・・・ウェブ上の無償コンテンツを整理する

 WikipediaとWikiaの生みの親であるJimmy Wales氏は米国時間7月27日午前、オレゴン州ポートランドで開催されたO'Reilly Open Sourceカンファレンスにおいてオープンソースのウェブクローリングサイト「Grub」のリリースを発表した。

 Grubは、オープンソースプロジェクトWikiaがLookSmartから取得した技術で、ユーザーPCの空いた処理能力を利用する。オープンなプロトコルと、コミュニティーに追加されたWiki関連の機能を利用して運用される。すでに既にダウンロードとテストが可能だ。

 Wales氏は2006年、われわれが知っているインターネット検索は機能していないと発言している。Grubは、オープンソース技術を集めてウェブ上の無償コンテンツを整理するという、Wales氏の試みの1つ。


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20353631,00.htm?ref=rss

パソコン、Windowsを使っていてもOpenOfficeやGIMPを使っている人は、少なからずオープンソースの恩恵を受けています。特にLinuxユーザはオープンソースの恩恵だけで成り立っています。

恩返しなんて書いてしまうと仰々しいですが、何かお返しができればと考えている人も少なくないのではないでしょうか。かといってプログラムが書けるわけでもないし、コマンド使ったシステム管理がやっとできる程度・・・そんなユーザには朗報かもしれません。

パソコンの空き時間がウェブの整理に役立つなら、この位の貢献なら参加しても良さそうだと思いませんか。キーボードも打ってないし、特になにもしていないアイドリング状態のパソコンがカリカリ動いていたりするとちょっと不気味ですが、動いている理由がわかっていれば別の話。しかも「貢献」しているのですから。

あなたもこのオープンソースプロジェクトに参加してみませんか?
Grubのサイト(http://www.grub.org/)です。ただし英語ですが・・・。


posted by media_aidem at 07:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。