2007年08月07日

ThinkPad Linuxプリインストールマシン発売

 Lenovoは米国時間8月6日、Linuxを搭載した「ThinkPad」ノートPCを第4四半期に発売すると発表した。

 同社がオープンソース分野に参入するうえで選択したLinuxディストリビューションはNovellの「SUSE Linux Enterprise 10」。LenovoがハードウェアとLinux OSの両方を直接サポートするのは今回が初めて。Lenovoの顧客に向けたOSのアップデートはNovellが提供する。SUSE Linux搭載ThinkPadは法人と個人の両方に販売される。

 今回のニュースは、6日にカリフォルニア州サンフランシスコで始まったLinuxWorld Conferenceの開幕に合わせて発表された。オープンソースのOSをプリインストールしたPCを販売する大手メーカーはLenovoだけではない。 5月にDellがLinuxのUbuntuを搭載したノートPCおよびデスクトップを販売することを決定した。Dellも今週、Linuxに関係した何らかのニュースを発表すると見られる。


http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20354256,00.htm?ref=rss

DellのUnuntu搭載モデルに続き、LenovoもSUSE Linuxをプリインストールしたモデルを発売することを発表しました。

インストールが自動化されてきたにも関わらず、CDイメージをダウンロードしてCDを焼いてインストールする作業にはやっぱり慣れが必要です。敷居は低くなってきてはいても、若葉マークが取れていないユーザにはやっぱり複雑な作業と映ってしまうことでしょう。

WindowsでもMacOSでもない第3の選択肢としてのLinux。
どんなに導入しやすくしようとも普及は難しいのかもしれません。プリインストールマシンの登場でLinuxを選択するユーザが増えるのも、オープンソースが普及するのも個人的には大歓迎。もっと裾野が広がることに期待しています。


posted by media_aidem at 16:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。