2007年08月28日

マイクロソフトの呪縛の外

 Microsoftは、論議を呼んだ「Get the Facts(事実を知ろう)」反Linuxキャンペーンを打ち切り、代わりにWindowsとLinuxの比較サイト「Compare」を新たに開設した。

 Get the Factsキャンペーンの目的は、Windows Serverがオープンソースサーバ製品に比べ、より安価で信頼性が高いことをIT管理者らに納得してもらうことにあった。このキャンペーンはLinux コミュニティの不評を買い、「Get the FUD(恐れ、不安、疑念を抱かせる)」キャンペーンだとした。

 詳細なウェブサイトを使って展開されているこの新キャンペーンもGet the Factsキャンペーンと同様にユーザーに再検討を促し、Microsoftのオペレーティングシステム(OS)、アプリケーション、サーバ製品に目を向けさせることを目的としているが、その内容はGet the Factsよりもはるかに穏やかだ。

 Microsoftの広報担当者は、「(この新サイトを開設した目的は)より多くの詳細情報の提供と、IT管理者が直面する多くの問題について顧客同士が意見を述べ合う場を提供することにある」と述べ、さらに次のように続けた。「ユーザーたちは、人々がOS購入時にどのような判断を下したかという事例に加え、(OSに関する)サードパーティの検証を求めていることが分かっている。そこで、同サイトでは、顧客のケーススタディや複数のプラットフォームを比較した研究レポートに加え、最良事例に関するガイダンスやウェブキャストなどを提供していく」

 Compareには、調査会社IDCのホワイトペーパーなど、Linuxに対するMicrosoft製ソフトウェアの価値をユーザーに納得してもらうことを目的とした多くの情報が掲載されているが、あからさまにLinuxを批判するメッセージは見当たらない。

 Microsoftはすでに市場シェアでLinuxを大きく引き離している。業界オブザーバーたちが、同社がオープンソースソフトウェアの開発を妨げていると指摘する根拠はそこにある。アナリスト企業HydrasightのMichael Warrilow氏は8月初めに次のように述べている。「ユーザーたちがWindowsを優れたOSと考えているか否かに関わらず、現在のWindows のインストールベースやエクスペリエンスは過剰だ」

 Microsoftは、これまで同社の独占禁止法違反容疑をめぐり欧州委員会との間でたびたび衝突してきたため、今回もLinuxとの競争が前面に押し出されることを恐れたのかもしれない。欧州委員会のMicrosoftに対する次回の裁定は9月17日に出される予定だ。


http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20355220,00.htm?ref=rss

某所で使われていたサーバを下取りすることになりました。
この話は3ヶ月も前に決定していたことなのですが、どうやら具体的な日程は来月10日ということで決定しました。


現在は2000サーバが走っているのですが、とりあえずそのまま使う気はまったくなくて、Linuxのどのディストリビューションにしようかと模索しています。


Microsoftが反Linuxキャンペーンをしようが、代替にWindowsとLinuxの比較サイトにしようが実はまったく関係なくて、例えばMicrosoftのサポートを受けながらサーバを使っていたなら大筋今後も使いつづけるはずで、アンチMSでハナから信用していないのならMicrosoftのサーバなんて見向きもしないのではないでしょうか。


自分自身は後者で以前はWindowsが走っていたマシンを何台か所有していますが、OSのサポート終了を機に次々にLinuxへとシフトさせております。


マイクロソフトの呪縛の外は予想以上に快適ですよ。


タグ:Windows Linux
posted by media_aidem at 01:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。