2007年09月05日

Microsoftのアナウンスのタイミング

Vista初のサービスパックは、Microsoftにとって2つの意味があるようだ。1つはVistaの荒削りな部分の修正、そしてもう1つは、Vistaが、企業による大量導入にいつでも対応できる状態にあることを周知することにある。

 しかし、最近はパッチがオンライン上で容易に入手可能なことから、Microsoftは当初、サービスパックを控えめに扱っていた。また同社は企業に対し、サービスパックのリリースを待たずにVistaのテストや導入を開始するよう促していた。

 それにも関わらず、Microsoftは、2008年はじめにService Pack 1(SP1)のリリース計画を発表する際、サービスパックのリリースは、一部の企業にとって、依然としてそのOSが成熟の域に達したことを示す重要なシグナルとなっている、と指摘している。

 一方、多くのアナリストらは一貫して、最初のサービスパックがリリースされるまでVistaの導入を控えるよう企業らに忠告してきた。

 MicrosoftでWindows部門担当ゼネラルマネージャーを務めるShanen Boettcher氏は、「市場の一部はいつも、そういうやり方をする」と述べる。

 Microsoftは、SP1を売り込むことにより、未だVistaのテストすら行おうとしない一部の企業に揺さぶりをかけたい考えだ。(後略)


http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20355682,00.htm?ref=rss

法人個人を問わずユーザに親切だなと感じる点は、Vista発売直前にWindowsXPのサポート延長期間(7年)を発表したことでした。そして今回もVistaを売り込みつつWindows XP Service Pack 3をさりげなく用意している。XP最後のサービスパックになるかもしれませんが、ホントにフレンドリーですな・・・商売下手ともいいますが。


メインで使っている環境がLinuxなので、WindowsOSに触れる機会はかなり減りました。
先日、依頼を受けてVistaの設定をしてみた感想はかなり動作が重く感じた点。たかがOSを起動するだけでもたついているんですから、法人がアップグレードするわけはないなと思いました。


未だVistaのテストすら行おうとしない一部の企業に揺さぶりをかけたい

これもある意味すごい話であります。
製品として販売するのにユーザがテストするんですから。オープンソースのLinuxならいざ知らず、天下のマイクロソフト様が・・・(^^;)


とりあえずVista SP1がリリースされてから「さてどうしよう?」というスタンスはきっと変わらないような気がしています。


posted by media_aidem at 11:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。