2007年09月15日

ステルスアップデートなんて言ってるけど、それマルウェアだよ!

 Windows XPとWindows Vistaのシステムファイルが何の通知もなしに自動更新されている--ZDNetブロガーのAdrian Kingsley-Hughes氏が2 日連続で報告した。それによると、同氏のものを含むいくつかのマシンで8月に「ステルス(隠密)」アップデートがあったという。いずれのマシンもアップデートを自動的にインストールするようには設定されていなかった。「アップデートがあることも知らせず適用を延期する機会も与えずにアップデートを押しつけるという発想はいただけない」。これに対して、Microsoftは、米国時間9月13日、これは「通常の動作」であり問題はないと主張した。

 Microsoftの広報担当者の弁は次のとおり。「Windows Updateは、随時、自身を自動アップデートし常に最新状態に保つようになっている。最新アップデートの有無をチェックし利用者に通知するためだ」

 これについて、Windows UpdateのプログラムマネージャーであるNate Clinton氏は、同日、次ようにブログに書いた。「この説明は、要するに、必ずしもオープンではなかったと言っているだけで、答えになっていない。指摘されているのは、Windows Updateがそれ自身をアップデートするときの動作についてもっと明らかにすべきだということだ」

 そして、次にように説明した。「Automatic Updatesがオフになっていれば、Windows Updateが自動的にアップデートされることはない。自動アップデートされるのは、アップグレードを自動インストールする、あるいは、アップデートを通知すると設定している場合だ」。これで、Adrian Kingsley-Hughes氏が観察した現象の説明がつく。同氏のブログによれば、いずれのマシンもアップデートを通知するように設定されていた。(後略)


http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20356474,00.htm?ref=rss

パソコンのセキュリティを高めて、安全に使えるようにする行為なのはわかるけれど、それを断りもなしにMicrosoftが自由にやっちゃうってのは別の問題ですな。


Microsoftはブラックボックスになっている部分が多くて、しかも事が露呈して大きくなっているのにもかかわらず、「通常の動作」とか言い切っちゃってますけど、なんなのでしょう。


稀にアップデートに伴って再起動を促すケースがあったりしますが、一昔前に流行したウィルスでは頻繁に再起動を促すものがありました。ライトユーザには、再起動のアラートウィンドウの中でカウントダウンが始まっちゃうとパニクる人もいるはず。ホントに通常の動作なんですかねぇ。


勝手にパソコンに侵入してきて、情報を特定個所に送る行為・・・ウィキペディアにはつぎのように書かれています。ソフトウェアをインストールした(もしくは無意識にインストールさせられた)ユーザの意図とは異なる、プログラム作成者の利己的な意図で動作をするソフトウェアで、害をなすかなさないかとは直結しない。これ、マルウェアっていうんですけど、Microsoftさんはご存知でないのでしょうか。


posted by media_aidem at 16:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。