2007年10月04日

Windows版Quicktimeに修正パッチ

 Appleは米国時間10月3日、Windows版の「Quicktime」のセキュリティアップデートをリリースした。アップデートはApple Downloadsサイトからダウンロードできる。

 このパッチを必要とするのは「Windows Vista」「Windows XP SP2」のユーザーであり、CVE-2007-4673の脆弱性に対処している。現在、不正に作成されたQuicktimeファイルを閲覧すると、任意のコードが実行される場合がある。「QuicktimeのQTLコンテンツを含むファイルのqtnextフィールドにおいて、URLの扱いにコマンドインジェクションの問題が存在する。攻撃者はユーザーに対して特別に作成されたファイルを開くように誘導することによって、制御されたコマンド行の引数を使用してアプリケーションを起動できる可能性があり、これが任意のコード実行につながるかもしれない」とAppleは説明する。


http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20357944,00.htm?ref=rss

Apple発の動画や音声を扱うQuickTimeですが、すでにWindowsにもかなり浸透しているようです。今回はMacOSXには無関係のようでありますが、Windowsユーザの方は、早急にアップデートをお忘れなく。


posted by media_aidem at 12:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。