2007年10月25日

Facebookの株式の取得 Microsoft激戦を制す

 Microsoftは、Facebookの次期資金調達ラウンドにおいて、同社株式2億4000万ドルを取得する計画だ。Facebookの時価総額は150億ドルと評価されたことになる。

 Facebookの一部株式の取得にあたり、MicrosoftはGoogleと争奪戦を繰り広げた。ここ数週間、Microsoftが Facebookの株式を5%取得する意向だとの憶測が流れていたが、結局同社が取得したのはFacebookの全株式のうち1.6%だった。

 Facebookの業務執行担当バイスプレジデントで、最高売上責任者(Chief Revenue Officer)も務めるOwen Van Nattaは声明で「Microsoftとの提携を拡大できてうれしい。Microsoftとの関係を深めることにより、Facebookはテクノロジーリーダーとして、また、ソーシャルコンピューティング分野のメジャープレーヤーとして、革新や成長を続け、4900万人以上のアクティブユーザーに広告を提供できると考えている」と述べている。


http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20359514,00.htm?ref=rss

Facebookとはアメリカの学生を中心とした巨大SNSです。日本で人気のmixiなどと決定的な違いは本名や写真を当り前のように公開したりアップロードしている点でしょうか。現在は学生でなくとも登録ができるようで、市場価値はいまだに拡大傾向にあります。


このあたり、GoogleとMicrosoftが争奪戦を繰り広げたというのもうなずけますね。どうしても日々目にするモノは親近感が湧いてブランド価値も向上するもの。Microsoftの次の一手がとても気になります。


posted by media_aidem at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。