2007年10月29日

Leopardなのに「ブルースクリーン」?

 Appleは、Mac OS X「Leopard」へアップグレードすると、際限なく「ブルースクリーン」が表示されてしまい、一部のMacユーザーが多大のストレスを抱えている問題について報告し、米国時間10月27日から28日にかけて、同社サイト上にサポートドキュメントを公開した。

 一部ユーザーのLeopardへのアップグレードは、ほぼインストールプロセスが完了し、マシンを再起動しようとする時点で中断されてしまう。Appleのディスカッションフォーラムには、最初の起動画面でMacがフリーズしてしまう問題に関する長大なスレッドができている。偶然だが、それはブルースクリーンになっているため、Windowsのクラッシュ時の悪名高い「死のブルースクリーン」になぞらえられている。

 Appleは、この問題が「アプリケーションエンハンスメントソフトウェア」に関連して生じていると伝えており、Computerworldの一記事は、Unsanityの「APE」ソフトウェアが、大半のクレームの原因であると明らかにしている。Unsanityは、MacユーザーがMac OSの見た目を自由にカスタマイズ可能にするソフトウェアを開発している。あるUnsanityの関係者は、Computerworldに対して、 AppleがIntel製チップに移行する前に出荷された旧バージョンのAPEが使用されている場合にのみ生じている問題であると語った。

 しかしながら、Appleのサポートフォーラムでは、APEのソフトウェアを全くインストールしたことがないMacユーザーからも障害が報告されており、サードパーティー製のエンハンスメントソフトウェアのみが原因ではないようだ。Appleは、アップグレードを考えているLeopardの購入者に対して、2つの対策を推奨している。まだ経験の浅いユーザーには「Archive and Install」機能を用いた、Leopardの再インストールが推奨される。もう少しMacを使いこなしているユーザーには、アプリケーションエンハンスメントソフトウェアをアンインストールするコマンドラインの使用など、別の方法を何度か試みてみるように勧められている。

 こうした推奨方法を試しても、依然としてアップグレードを完了できない場合は、引き続きAppleのサポートページのディスカッションフォーラムをチェックするようにお勧めする。


http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20359785,00.htm?ref=rss

Mac OS X Leopardへのアップデートで障害が出るようです。
その対処法についても、「まだ経験の浅いユーザ」とか「もう少しMacを使いこなしているユーザ」といった明確なモノサシがない状態。


Linuxに移行した立場から勝手に言わせてもらえば、ちょっとはコマンドに慣れた方がいいよという感じでしょうか。もちろんLeopardの新しくて斬新なGUIに対してのやっかみが100%ですが・・・。


まぁAppleのことですから、速やかに対処法がアナウンスされることでしょう。それまでは自分なりにコマンドラインで格闘してみてくださいな。


posted by media_aidem at 17:19 | Comment(1) | TrackBack(1) | IT関連
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございました。参考にさせていただきました。簡単に解決できるモジュールを出して欲しいものです。勝手ながらリンクを文中に貼らせていただきました。教えていただきありがとうございます。
Posted by KAZ at 2007年10月29日 18:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

アップル 製品満足度ランキングで3冠王
Excerpt: Performa6260から始まって6台のマッキントッシュを手に…
Weblog: 厳選!今日のITニュース
Tracked: 2007-10-31 09:10
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。