2007年11月07日

スパイウェアのランキングトップ10

 ウェブルート・ソフトウェアは11月6日、10月に国内で最も多く検知されたスパイウェアのランキングトップ10を発表した。発表によると、アドウェアでは1位がユーザーの同意なしにインストールされ、Windowsのスタートアップに登録されるシステムメンテナンス・セキュリティアプリケーション「DriveCleaner」、2位がコンピュータ上に広告を表示するアドウェアプログラム「Virtumonde」、3位がGAIN advertising networkから提供されるソフトウェアに対する広告ソフトウェアコンポーネント「GAIN - 共通コンポーネント」となった。

 トロイの木馬では、1位がコンピュータがオンライン時にハッカーに無制限のアクセスを許すトロイの木馬「Trojan- Backdoor-Poebot」、2位がコンピュータ上に他の脅威をダウンロードするダウンローダ「Trojan-Downloader-Zlob」、 3位がコンピュータがオンライン時にハッカーに無制限のアクセスを許すトロイの木馬「Trojan-Relayer-Zerobe-B」となっている。3 種とも危険度は「非常に高い」としている。

 またウェブルートでは、トロイの木馬に分類されるワンクリックウェアの新しい配布方法として、「YouTube」を使うケースが確認されたとしている。これは、TAGGYなどの動画検索サイトから、ユーザーをYouTubeに誘い、「この動画について」の欄にワンクリックウェアのダウンロードサイトを表示する。リンク先のサイトでは別の動画を見ることもでき、それをクリックするとダウンロードが実行される。YouTubeからの誘導のためユーザーを安心させるための手法で、注意するよう呼びかけている。

 ランキングは、同社のスパイウェア検索ツール「Spy Audit」を利用して集められた、最新のスパイウェアの情報をまとめたもの。ランキングは、アドウェアとトロイの木馬のそれぞれが発表されている。


http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20360447,00.htm?ref=rss

いつの間にか感染してしまうのではなく、いわゆるトロイの木馬には感染ルートが存在します。トロイの木馬は、役に立つソフトウェアのように見えながら実際はセキュリティを侵害し大きな損害をもたらすプログラム。受け取った人が、正当な送信元からプログラムが届いたものとしてプログラムを開いたときに活動を開始します。


感染源が割とはっきりしているので防げそうな気もしますが、YouTubeを隠れ蓑にしているとは・・・。個人的にはYouTubeのコンテンツをお借りして、いくつかブログも立ち上げているくらいのヘビーユーザなので、もうちょっと気をつけないといけないかも。


いずれにしてもセキュリティ対策は抜かりなくしておきましょう!


posted by media_aidem at 07:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。