2007年11月14日

MS-Officeの対抗勢力 Lotus Symphonyがアップデート

 IBMは米国時間11月13日、無償の生産性スイート「Lotus Symphony」をアップデートした。ただし、ベータ版のままである。

 同スイートのデスクトップアプリケーション「Documents」「Spreadsheets」「Presentations」は、Microsoft の「Word」「Excel」「PowerPoint」の競合製品となる。新しいSymphonyでは、およそ2カ月前に登場した旧版に比べて、処理速度が向上していると思われる。

 Symphonyは、「Microsoft Office」の低コストまたは無償の代替製品の1つと考えられている。「ThinkFree」「Zoho」「Google Docs & Spreadsheets」と異なり、Symphonyには、オンラインコンポーネントがない。

 Symphonyは、より近い競合製品であるSunの「StarOffice」同様に、WindowsやLinuxコンピュータ上で稼働し、 Microsoft Officeフォーマット、ODF、PDFとして文書を保存できる。ただし、Symphonyはデータベースアプリケーションや電子メールクライアントを含まない。

 IBMによれば、同ソフトウェアを今日までにダウンロードした人数は、25万人になるという。


http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20360994,00.htm?ref=rss

Lotus Symphonyといえば、昔なつかしLotus1-2-3の流れを汲むオフィススイートです。処理速度は向上したようですが、まだベータ版の文字は取れず、日本語版の登場には至っていない様子。


ウェブブラウザくらいなら英語版でもなんとか使えますが、スプレッドシートとなると・・・(ヘルプも英語版ですからね)。


試しにサイズをみるとオーバー200メガのボリュームでした。
旧版のリリース直後から大変な人気らしいですが、もうしばらく手を出すのは待ってみようかと個人的には考えております。


タグ:Lotus Symphony
posted by media_aidem at 14:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

TrueTypeフォント パーフェクトコレクショ
Excerpt: 使いやすいフォントが充実している、コストパフォーマンスの高い本です。「セリフ」「サンセリフ」「スクリプト」「ディスプレイ」「その他」とバランス良く揃っており、これ1冊でまんべんなく揃います。とはいえデ..
Weblog: アプリケーションを極める
Tracked: 2008-01-25 07:45
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。